メルマガ初心者によくある2つの間違い

0
86
メルマガ初心者によくある2つの間違い
Fernando FLeitasによるPixabayからの画像

もしあなたがメルマガ読者に親近感を感じてほしいのであれば、やってはいけないことが2つあります。

一つは「みなさん」と呼びかけること。それともう一つは「○○様」として接することです。

これはライティング初心者にありがちな罠。丁寧なつもりがじつは逆効果です。これでは読者に親近感を感じてもらうどころか、売り手と買い手の壁を築き上げてしまいます。

親近感を感じてほしいのであれば相手との距離が近くなる呼びかけや接し方をしていきましょう。

信頼関係と親近感

ビジネスの原則は、相手との信頼関係を築いて価値とお金を交換する、ですよね?

あなたに全国的な知名度があるのでもない限り、多くの人はあなたのことを知りません。知らなければあなたを信頼することも、あなたから何かを買うこともできません。

でも、あなたのメルマガ読者は何らかのカタチであなた(とあなたのビジネス)という存在を認知して読者登録してくれました。

だからあなたはメルマガ読者に親近感を感じてもらい、相手との信頼関係を深めていって、価値とお金を交換したい、つまりはたくさん売りたい、こう考えているわけですよね?

であれば、「みなさん」よりも「あなた」と呼びかけて、「○○様」よりも「○○さん」と接するようにしましょう。

 

「みなさん」よりも「あなた」を使う

親しさを築くための基本的なコミュニケーションは、「一対多」ではなく「一対一」です。

例えば、あなたのクラスに転校生が入ってきたとします。

彼の席はあなたの隣。そしてあなたにこう話しかけてきました。

はじめまして。

田中一郎です。

僕はみんなと仲良くなりたいと思っています。

だからよろしくね。

まあ、悪くはないですよね。でも特別仲良くなりたいと感じることはありませんよね?

でも、こう話しかけられたらどうでしょうか。

はじめまして。

田中一郎です。

僕はあなたと仲良くなりたいと思っています。

だからよろしくね。

「あなた」と仲良くなりたいと好意を見せられたら、あなたも悪い気はしませんよね? それどころか、好意を示してくれる相手のことをもっと知りたいと思うのではないでしょうか?

人は誰でも自分は特別な存在でありたいと願っているものです。「その他大勢」として扱われて、うれしく思う人はいないでしょう。

だから相手と親しくなるためには、「一対多」ではなく「一対一」のコミュニケーションが基本です。

大抵の場合、インターネットを通して情報を得るのは一人のときでしょう。

ブログもメルマガもみんなで集まって記事を読むということはあまりありませんよね? スマホで読むときは電車での移動中とか、仕事の合間とか、何かのすきま時間を使って一人で読むことがほとんどでしょう。

そう考えれば、スマホでもパソコンでも画面の向こうにいるたった一人の読み手に語りかけるのに、「みなさん」では違和感がありますよね?

だからたった一人の読み手を特別な存在と認めて、「みなさん」よりも「あなた」を使います。

 

「○○様」よりも「○○さん」を使う

親しい友人へ語りかけるときに「様」は使いませんよね。手紙やEメールの冒頭に使うことはあっても、本文で繰り返すことはないはずです。

「様」という言葉は売り手と買い手をはっきりと線引きした敬称です。使われることで相手は自分が買い手であることをはっきりと認識するようになります。お金を払う立場にあることを自覚させられてしまいます。(親しい友人同士であっても改まって話しかけられると、なんか身構えてしまいますよね? あれと同じ感覚です)

親近感で売り手と買い手の壁を壊すはずなのに、「○○様」を繰り返すことで強固な壁を築くことになってしまいます。

例えば、あなたがアパレル関係のメルマガを発行しているとして、

田中様

こんにちは。

そろそろ春夏ファッションがショーウィンドウに登場する時期ですね。

もう準備できていますか?

もしまだであれば、これから今年の春夏のトレンドをご紹介します…

このあと、売り込まれるのが容易に想像できますよね? もちろん、アパレル関係のメルマガを読むメリットの一つはトレンドに合ったファッションを探すことです。だから売込みは大いにアリです。

でも親しさを演出するという点では「○○さん」のほうに軍配が上がります。

田中さん

こんにちは。

そろそろ春夏ファッションがショーウィンドウに登場する時期ですね。

もう準備できていますか?

もしまだお求めでないのであれば、これから今年の春夏のトレンドをご紹介します…

まだ少し固いですね、、

でも「○○さん」であれば、もっとカジュアルな文体を使うこともできるようになります。

例えば、

田中さん

こんにちは!

そろそろ春夏ファッションがショーウィンドウに登場する時期ですね~。

もう準備しました?

まだなら、とっておきの今年のトレンドを紹介しちゃいます!

これで春夏コーデはバッチリですよ~!!

これでグッと砕けた感じになりましたね。

「○○様」だと固めの定型文になりがちですが、「○○さん」だと相手の年代や好みのジャンルによって柔軟に合わせたメッセージを作りやすくなります。

誤解しないでほしいのですが、相手に対して敬意を払わないといっているのではありません。ここでは、信頼関係を深めるには親近感が大事だと言いたいのです。

だから親近感を出すために「○○様」よりも「○○さん」を使います。

 

まとめ

あなたがメルマガ読者に親近感を感じてほしいのであれば、「みなさん」よりも「あなた」、「○○様」よりも「○○さん」を使いましょう。

売り手と買い手の間には大きな壁が存在します。その壁を壊すには買い手に対する親しみが重要な要素になります。(接客業であれば、お客さんに対して笑顔を絶やしませんよね?)

親しみのあるコミュニケーションで信頼関係を築き、あなたの提案する価値とお客さんのお金を交換する。インターネットという媒体を通すだけで、ビジネスの本質に変わりはありません。

メルマガを書くときにも、このことを忘れないようにしましょう。

 

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

正直、インターネットを使えば、ほとんどコストをかけずに集客することが可能になります。これは紛れもない事実です。

しかし、多くの人は本業であれ副業であれ、インターネットを自分のビジネスに活用することができていません。

それは一体、なぜでしょうか?

それは、インターネットを使って集客をする”ちょっとしたコツ”を知らないからです。

インターネット集客には”ちょっとしたコツ”があります。多くの人たちは、この”ちょっとしたコツ”を知らないがために、中途半端なことを繰り返し、時間とお金と労力を浪費してしまっているのです。

このレポートでは、この”ちょっとしたコツ”を紹介するとともに、インターネットで集客することのプロのノウハウ(頭の中)を公開します。

このレポートに書かれている知識を知り、それをあなたのビジネスに応用することで、あなたは24時間365日、あなたの代わりに働き続けてくれる自動集客マシーンと呼べるものを手に入れることができるようになるでしょう。