ネット集客ならPRナビ。もう1人、自分がいたらいいのに・・・。「社長と分身」となるホームページを低コストで作る方法

  1. 集客ブログの書き方
  2. 7227 view

【集客ブログの書き方】多くの知識と経験をインプットしてアウトプットする

【集客ブログの書き方】多くの知識と経験をインプットしてアウトプットする

ブログ記事を書くには、まずはじめに「何を書くか」というネタを準備しなければいけません。

そのネタとは「知識」か「経験」のどちらか、またはその両方のことです。

人気ブロガーや人気ユーチューバーの共通することに、知識が豊富、本をよく読む、好奇心が旺盛、趣味が多い、旅行が好き、新しいことにどんどんトライしている、といった特徴があります。

なんとなく、わかりますよね?

これらはすべて、情報発信には「知識」と「経験」が欠かせないことを意味しています。

つまり、読者を増やすブログ記事を書くには、多くの知識と経験をインプットして、それをブログ記事にアウトプットする必要があるということです。

ブログライティングに必要な知識

知識には二つの種類があります。一つは一般的な知識、それともう一つは専門的な知識です。

もしあなたの書くのがビジネスブログであれば、一般的な知識よりも見込み客の悩みを解決するような専門的な情報を多くインプットしていきます。

ほとんどの場合、一般教養とされたり、ニュースで得るような一般的な知識では稼げません。

例えば、学校の先生とか、ニュースキャスターのような職業的見地にまで知識の質を高めないと報酬を得ることはできません。

だから、一般的な知識を多くインプットしましょう。

えっ、矛盾しているって?

わかっています、、、でも矛盾ではありません。一般的な知識を多くインプットします。

確かにビジネスブログでは専門的な知識を増やしていかなければいけません。これは言われるまでもないことですよね? でもそれだけではダメなのです。

多くの一般的な知識のなかであなたの専門的な知識を磨かなければいけません。

世間では何が流行っているか? どういう話題に関心が集まっているか? これがわからないと、読者にとってあなたの専門知識がどのように役立つのかが適切に伝えられないからです。

だから専門的な知識をしっかりと集める。そして集めた専門的な知識を磨くために一般的な知識もしっかりと集める。

これがビジネスブログでの知識の見せ方です。

ブログライティングに必要な経験

自分自身の経験というのは誰かに何かを伝えるうえで情報に重みを加える力があります。

例えば、あなたが糖質ダイエットの素晴らしさを伝えたいとします。

糖質ダイエットはすごいよ。

穀物やイモ類などの炭水化物に含まれ、エネルギー源となるのが糖質だよね。

でも体に必要なエネルギーは脂質やタンパク質からも作り出すことができるので、糖質を減らせば体内に蓄積された脂肪が使われていくことになる。

脂肪を分解してエネルギー源すれば効率よく脂肪を燃焼することができる。

つまり短期間で痩せられるってこと。

これはこれで説明として間違っていません。でも、、、

私が試したところ、4週間で4キロも体重が落ちたよ。

でも、糖が不足するので頭がクラクラすることも多かった。

だからあなたも無理な糖質ダイエットはしないほうがいいよ。

このことが書けるか書けないかというのは大きな差になります。実際に経験した人とそうでない人では、リアルな気づきにも違いが出ます。

または、、、

ナイアガラの滝はエリー湖からオンタリオ湖に流れるナイアガラ川にあり、カナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク州を分ける国境になっている。

滝は豊富な水力資源と景観の美しさで知られている。

ナイアガラの滝は雄大な自然のなかにあると思われがちだが、周辺は観光地化が進んでおり、カナダ側には滝から近いところにホテルやレジャー施設が並んでいる。

これだけなら、ちょっと調べれば誰でも書けます。(実際に、この情報はウィキペディアですし、、)

でもこれでは書き手の気持ちがまったく伝わってきませんよね?

これに、

想像していたよりも、ものすごい水しぶきが降ってきて服もカバンもビチョビチョに濡れちゃいました。

スマホが心配だったけど、壊れてなくてよかったぁ~。

このような経験を加えれば、あなたならではの感想があなたのパーソナリティも伝えてくれるし、リアル感もグッと増します。

語ることに対して経験があるのとないのでは、好きなアーティストの音楽をCDで聴くのと実際にライブを観るのぐらい臨場感に差が出るのです。

言い換えれば、平坦な情報と立体的な情報、2次元と3次元くらい違いがあります。

じゃあ、語ることは全部自分で経験しなければいけないのか?

いちいちナイアガラまで行ってられないよ。

いや、ごもっともです。

でも、あなたの書くのがビジネスブログであれば実際に商品を使ったり、サービスを体験したほうが真実味のあるブログ記事を書くことができます。競合がいるのであれば、競合の商品やサービスも経験してみたほうが差別化にもリアリティが出ます。

情報の真実味やリアリティは真剣に情報を探し求めている人には敏感に伝わるものです。

知識と経験の積み重ねが新しいひらめきを生む

ブログ記事を書くうえで知識も経験も大切だということがよくわかりました。

あとは実践あるのみです。

ちなみに最新の脳科学の研究では、知識も経験も一度インプットしたものはずっと脳内に蓄積されることがわかってきたそうです。どうやら記憶を忘れるのではなく、引き出せないだけだとか。

埋もれたように見えても、新しい知識や経験を積み重ねていくうちに新しいひらめきに生まれ変わってアウトプットされるんだそうです。

だから、どんどんインプットして、脳に刺激を与え、どんどんアウトプットしていきましょう。

まとめ

何を書こうかな、とパソコンの前でウンウン唸っているだけではちっとも前に進みません。それよりも本を読んだり、外に出たりして、どんどん知識と経験をインプットしていきましょう。

ネタに困らずにブログ記事を書くには、多くの知識と経験をインプットして、それをブログ記事にアウトプットする。これがコツですよ。

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

「もったいないよ!」

そんな怒りにも似た気持ちで、私はこのレポートを書きました。

いつも思うのは、 「インターネットを使えばもっと簡単にできるのに」ということ。

事実、見込み客だけでなく取引先や従業員まで、あなたのビジネスに関係 するすべての人をもっと簡単に集めることができます。それもあまりお金 をかけずに、です。

インターネットを使えば資金力のある大企業とだって戦えます。

というよりも、インターネットを使わないと勝負になりません。 潤沢な資金のある大企業があなたのテリトリーに攻め込んできら、まず 太刀打ちできないでしょう。

集客ブログの書き方の最近記事

  1. 【集客ブログの書き方】説明文ではなく「濃い体験」を書く

  2. 【集客ブログの書き方】結論や要点、記事のテーマを先に書く

  3. 【集客ブログの書き方】文末表現のルールを守る

  4. ブログ記事やメルマガのネタに困らないライティングのコツ

  5. 【集客ブログの書き方】三段論法で説得力を持たせる

関連記事

PAGE TOP