ネット集客ならPRナビ。もう1人、自分がいたらいいのに・・・。「社長と分身」となるホームページを低コストで作る方法

  1. 集客ブログの書き方
  2. 1494 view

【集客ブログの書き方】結論や要点、記事のテーマを先に書く

ビジネスブログは結論や要点、記事のテーマを先に書きましょう。

「まずは結論から話しなさい」

社内の報告やプレゼンで、あなたもそう言われた経験はありませんか? (もしくは、部下や売り込んでくる相手にそう言ったことはありませんか?)

終わりに向けて情報を展開していく。ドラマや小説ではそうやってクライマックスを演出していき、それが読み手の楽しみになるんですけどね。

ビジネスブログでは、まず何について話すのか、結論や要点、テーマを伝えたほうが読み手の理解も進みます。

最初に予備知識を入れることで、話の受入準備を進めてもらうのです。

読み手のストレスの原因

「結局、何が言いたいのかよくわからない」

そうやってストレスに感じる原因の多くは、何について話しているのかを読み手が考え考え理解を進めることにあります。

たとえばドラマでも小説でも、2回目のほうがおもしろく感じることがあります。

どうしてかというと、ストーリーが頭に入っているので読み手の視野が広くなるからです。新しい発見があったり、もっとストーリーを味わえるようになります。

でも「検索」で始まるビジネスブログは一期一会が基本なので、最初にどれだけ書き手の伝えたいことを伝えられるかが勝負になります。

そこで、まず最初に次の文章を読んでみてください。

サーカスで象に最初に教えること。

それは象に逃げ出そうという気持ちを起こさせないようにすることだ。

象が赤ん坊のときから、その足に太い丸太を鎖でつないでおく。そうすると、逃げ出そうとしても太い丸太が足を引っ張り、逃げられない。

あきらめるようにしておくのだ。

次第に象はこの囚われの状態に慣れていく。

そして逃げることを考えなくなる。

大人になって巨大な体と強い力の持ち主になってからも、足に鎖を巻いておく。それだけで象は決して逃げ出そうとはしない。

今では大きな木を根こそぎ一本、引っこ抜くような力があるのに、だ。

たとえ、鎖の先に結ばれているのが小さな小枝だとしても決して逃げようとはしない。

多くの人が起業をためらうのも、才能の有無ではなく、起業しても失敗するに決まっているという思い込みが原因だ。

ここで伝えているのは、思い込みが起業のブレーキになっているということです。

このままでも伝わるかもしれませんが、文章が長くなるほど頑張って要点を探すことになり、全体の理解に時間がかかります。

では要点を最初に持ってきたらどうでしょうか。

結論や要点、記事のテーマを先に書く

多くの人が起業をためらうのも、才能の有無ではなく、起業しても失敗するに決まっているという思い込みが原因だ。

サーカスで象に最初に教えること。

それは象に逃げ出そうという気持ちを起こさせないようにすることだ。

象が赤ん坊のときから、その足に太い丸太を鎖でつないでおく。そうすると、逃げ出そうとしても太い丸太が足を引っ張り、逃げられない。

あきらめるようにしておくのだ。

次第に象はこの囚われの状態に慣れていく。

そして逃げることを考えなくなる。

大人になって巨大な体と強い力の持ち主になってからも、足に鎖を巻いておく。それだけで象は決して逃げ出そうとはしない。

今では大きな木を根こそぎ一本、引っこ抜くような力があるのに、だ。

たとえ、鎖の先に結ばれているのが小さな小枝だとしても決して逃げようとはしない。

このように多くの人が起業をためらうのも、才能の有無ではなく、起業しても失敗するに決まっているという思い込みが原因なのだ。

これから何の話が始まるのか、最初に要点を伝えておいたのでその後の話も理解が進んだのではないでしょうか。

ちなみに、この文章は「結・起承転結」になっていて、結論から理解を進め、最後にもう一度、結論を強調する構成です。

もし途中で本文から離脱されたとしても、少なくとも要点は伝えたことになります。

まとめ

いかがでしたか?

ビジネスブログは結論や要点、記事のテーマを先に書きましょう。

これから何の話が始まるのか、予備知識を入れることで話の受け入れ準備が進みますし、読み手の理解も進みます。

これだけでブログが劇的に変わるので試してみてください。

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

「もったいないよ!」

そんな怒りにも似た気持ちで、私はこのレポートを書きました。

いつも思うのは、 「インターネットを使えばもっと簡単にできるのに」ということ。

事実、見込み客だけでなく取引先や従業員まで、あなたのビジネスに関係 するすべての人をもっと簡単に集めることができます。それもあまりお金 をかけずに、です。

インターネットを使えば資金力のある大企業とだって戦えます。

というよりも、インターネットを使わないと勝負になりません。 潤沢な資金のある大企業があなたのテリトリーに攻め込んできら、まず 太刀打ちできないでしょう。

集客ブログの書き方の最近記事

  1. 【集客ブログの書き方】説明文ではなく「濃い体験」を書く

  2. 【集客ブログの書き方】結論や要点、記事のテーマを先に書く

  3. 【集客ブログの書き方】文末表現のルールを守る

  4. ブログ記事やメルマガのネタに困らないライティングのコツ

  5. 【集客ブログの書き方】三段論法で説得力を持たせる

関連記事

PAGE TOP