ネット集客ならPRナビ。もう1人、自分がいたらいいのに・・・。「社長と分身」となるホームページを低コストで作る方法

  1. マーケティングの力を磨く
  2. 5502 view

【集客動画の作り方】なぜ経営者のインタビュー動画で仕事(来店・販売・相談)が増えるのか?

【集客動画の作り方】なぜ経営者のインタビュー動画で仕事(来店・販売・相談)が増えるのか?

「集客や販売に動画が必要なのはわかったよ。でも、実際にどんな動画を作ればいいの? あまり予算もかけられないんだけど、、、」

こういう質問が増えてきました。

それに対する答えはコチラ。

「あまり予算をかけずに集客動画を作るのであれば、まず最初に経営者のインタビュー動画を作りましょう。経営者のインタビュー動画を使って商品やサービスの露出を増やせば、来店、販売、相談も増えるようになりますよ。ホームページの成約率が上がります」

 

でも、なぜ経営者のインタビュー動画なのか?

その理由について詳しく説明していきますね。

2018年7月の日経新聞記事によると、YouTubeの月間ログイン視聴者数は全世界で19億人。日本では6200万人だそうですので、二人にひとりがYouTubeを視聴し、動画に慣れ親しんでいることになります。

参照:日本経済新聞 『ユーチューブ、日本で10年 ネット人口の8割が視聴(2018/7/6)』

 

そのYouTubeには広告(もちろん動画広告ですよ)がバンバン入るし、無料のマンガアプリなども動画広告を視聴しないと気になる続きが読めないようになっています。

そして今や4Gどころか、もうすぐ5G時代です。

集客には動画を活用しないとマズい。と危機感を持つ経営者が増えてきたわけです。

「でも実際にどんな動画を作ればいいの?」

もしあなたもそう思っているのであれば、まずお勧めしたいのが「経営者のインタビュー動画」の制作です。

経営者のインタビュー動画は予算をかけずに簡単に作れて、即効性があります。

なぜ経営者のインタビュー動画が効果的なのか、7つの理由についてお話しします。

見込み客の共感を得やすいから

これが経営者が顔出しをする一番の理由です。

共感の度合いと成約率の高さが比例することは販売の世界では広く知られています。共感はトップセールスマンたちが必ず実践する最初のセールスステップです。

それに最も近い効果を出させるのが「経営者へのインタビュー動画」の配信です。

まさに、経営者をトップセールスとして見込み客に話しかけることでその会社の商品やサービスに対する想いがストレートに伝えられます。その想いに共感してもらうことで仕事(来店・販売・相談)の成約率が高まります。

見込み客が親近感を持ってくれるから

「初めて会った気がしませんよ!」

あなたはザイオンス効果という心理作用をご存知ですか?

これは同じ人や物に接する回数が増えるほど、その対象に好意を持つようになる効果のことです。

まだ会ったことのない人でもメールやチャットでコミュニケーションを繰り返していると親しみが湧くようになります。これが婚活サイトやマッチングアプリだと、「じゃあ、会ってみようか」となるわけです。

これが動画だと効果抜群で、動画で何度も「会って」いると効果も高まります。動画コンテンツでの対面回数が増えると、自然と見込み客との距離も近くなっていきます。

NHKの朝ドラで主演する女優さんと好感度の関係と言ったほうがわかりやすいでしょうか。

見込み客が安心できるから

売り手の顔が見えないのは見込み客の不安材料のひとつです。

カウンセラーやコンサルタントなど、カタチのないサービスやベネフィットのわかりづらい商品は見込み客が意思決定するうえで「誰が」というのが最重要だったりします。

このような場合、動画コンテンツで「会って」おくことで見込み客の不安を取り除けるので成約率も高まります。商品やサービスによっては、実際の個別面談よりもメディアを通した面談のほうが不安を払拭する効果も高まることが多いです。

見込み客からの信頼性が高まるから

インターネット集客ではブログ記事やメルマガ配信で見込み客との信頼関係を築こうとする人は多いですが、経営者の顔や肉声に勝るものはありません。

論より証拠と言われるように、人の心理として私たちは自分の目で見たものを信用します。

経営者が登場することで経営者の実在性をはっきりと示せます。何しろ、実在する人物が商品やサービスを紹介するのですから。

見込み客が覚えやすくなるから

「あれっ、商品名が出てこない、、」

「あれっ、なんていう会社だっけ?」

「あれっ、これってどんなサービスだっけ?」

誰もが経験あることだと思います。

人間の脳は言葉の情報よりも映像の情報を記憶しやすいようにできています。さらには聴覚にも訴求できる動画コンテンツのほうが見込み客も覚えやすく、記憶に残ります。

競合と差別化できるから

あなたは顔出しに抵抗のあるタイプですか?

それともセルフブランディングには積極的なタイプですか?

詰まるところ、自分のビジネスを大きくするということは自分がどんどん有名人になっていくということです。

大企業の社長や政治家、芸能人、プロスポーツの選手など、個人を前面に出したプロモーションはごく一般的です。

インタビューを受けるという行為はそれだけで経営者の権威性を高めることができます。経営者の権威性の高さは競合との差別化につながります。

言葉以外に伝えられる情報が増えるから

経営者の表情や仕草から見込み客が得られる情報はとても多いです。

心理学者のメラビアン博士によれば、話し手が聞き手に与える影響力の構成は

  • 1位・・・「視覚情報」55%
  • 2位・・・「聴覚情報」38%
  • 3位・・・「言語情報」7%

つまり、話し手の影響力は言語以外の93%に依存されるということです。

俗に「顔に書いてある」と言いますが、経営者の表情や仕草を見せて、肉声で伝えることで見込み客への影響力が高まります。

まとめ

以上が「経営者のインタビュー動画」をお勧めする理由です。

スマホで撮影したものをYouTube内にストックし、ブログやメルマガ、SNSにリンクさせるだけで見込み客とのつながりが強まります。(これだけなら、あまり予算もかからないですよね?)

ちなみに、インタビュー動画の効果を高めるのは経営者だけではありません。

弁護士、会計士、税理士、社労士、行政書士などの士業の方、料理人や美容師、整体師などの店舗ビジネスをされている方、カウンセラーやコンサルタントといった知識やスキルを提供する職種の方にも効果的です。

商品やサービスの差別化が難しい場合、たいていは”人”で判断されます。専門性が高い知識やスキルほど、見込み客の判断軸は”人”になります。(専門ゆえに、ふつうの人は良し悪しが判断できませんからね)

インタビュー動画を作る際は、あらかじめスクリプトも準備しておくと撮影がスムーズです。何を伝えるか、メッセージを練り上げておくことをお勧めします。

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

「もったいないよ!」

そんな怒りにも似た気持ちで、私はこのレポートを書きました。

いつも思うのは、 「インターネットを使えばもっと簡単にできるのに」ということ。

事実、見込み客だけでなく取引先や従業員まで、あなたのビジネスに関係 するすべての人をもっと簡単に集めることができます。それもあまりお金 をかけずに、です。

インターネットを使えば資金力のある大企業とだって戦えます。

というよりも、インターネットを使わないと勝負になりません。 潤沢な資金のある大企業があなたのテリトリーに攻め込んできら、まず 太刀打ちできないでしょう。

マーケティングの力を磨くの最近記事

  1. 結婚相談所が行うべきマーケティングとは何か?

  2. 【集客動画の作り方】確実に買ってくれる一人の見込み客に向けて話す

  3. ステップメールの作り方。シナリオ制作と配信スケジュールの設定方法

  4. ホームページで見込み客に信用してもらう4つの要素

  5. 【集客動画の作り方】なぜ経営者のインタビュー動画で仕事(来店・販売・相談)が増えるのか?

関連記事

PAGE TOP