インターネットマーケティングとは、数字のビジネスです。

その最大の利点は、インターネット上で起こるすべてのことを計測して、問題点の修正や改善を行い、集客のパフォーマンスを最適化できることにあります。

ここでは、インターネット集客の費用対効果をはかる指標のなかでも、とくに抑えなければいけない、代表的な指標を説明します。

CPLとは

CPLとは、見込客獲得単価のことでCost Per Leadの頭文字を取っています。

たとえば、月の見込客獲得数が100件でインターネット集客にかかったコスト(ブログ運営費やSNS運用費など)が20万円だとすると、

20万円(集客コスト)÷100件(獲得見込客数)=2,000円(見込客獲得単価)

と、なります。

当然、見込客獲得数が多くなれば見込客獲得単価は下がります。

20万円(集客コスト)÷200件(獲得見込客数)=1,000円(見込客獲得単価)

ビジネスにもよりますが、一般的には集客コストを下げるよりも多くのアクセスを集めてCPLを下げることを目指します。

ただし、気をつけなければいけないのは、CPLで求められるのは見込み客一人あたりの獲得コストであり、見込み客の質は測定できないということです。

CPAとは

CPAとは、新規顧客獲得単価のことでCost Per Acquisitionの頭文字を取っています。

たとえば、月の新規顧客獲得数が20名で集客コストが20万円だとすると、

20万円(集客コスト)÷20名(新規顧客獲得数)=10,000円(新規顧客獲得単価)

と、なります。

CPAを下げるには質の高いリード(見込客)を増やす必要があります。

測定された事実に基づいて修正、改善すること

インターネットマーケティングとは、数字のビジネスです。あらゆることが測定可能であり、測定された事実に基づいて修正、改善することでパフォーマンスを上げなければいけません。

なぜなら、マーケティング費用は収益を得るための投資であり、投資である以上は収益という形で必ず回収する必要があるからです。

そのため、正しく指標を理解して取り組むことが大事です。とくに、複数で指標を使う時はコンバージョンの定義など、あらかじめ確認する必要があります。

最近のインターネット集客では、リスティングなどのPPC広告単価の高騰により、どこも利益率の低下に悩まされています。利益率の改善には、このCPLとCPAに徹底的にこだわって取り組む必要があるのです。

 

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

正直、インターネットを使えば、ほとんどコストをかけずに集客することが可能になります。これは紛れもない事実です。

しかし、多くの人は本業であれ副業であれ、インターネットを自分のビジネスに活用することができていません。

それは一体、なぜでしょうか?

それは、インターネットを使って集客をする”ちょっとしたコツ”を知らないからです。

インターネット集客には”ちょっとしたコツ”があります。多くの人たちは、この”ちょっとしたコツ”を知らないがために、中途半端なことを繰り返し、時間とお金と労力を浪費してしまっているのです。

このレポートでは、この”ちょっとしたコツ”を紹介するとともに、インターネットで集客することのプロのノウハウ(頭の中)を公開します。

このレポートに書かれている知識を知り、それをあなたのビジネスに応用することで、あなたは24時間365日、あなたの代わりに働き続けてくれる自動集客マシーンと呼べるものを手に入れることができるようになるでしょう。