ネット集客ならPRナビ。もう1人、自分がいたらいいのに・・・。「社長と分身」となるホームページを低コストで作る方法

  1. インターネット集客の基礎知識
  2. 15344 view

なぜCPLとCPAが重要指標なのか? インターネット集客で収益性を高める方法

なぜCPLとCPAが重要指標なのか? インターネット集客で収益性を高める方法

なぜCPLとCPAが重要指標なのか、あなたはわかりますが?

インターネット集客の最大の利点は打ち手のすべてが計測できるところにあります。数字という客観的な事実で評価し、問題点の修正や改善を行い、集客のパフォーマンスを最適化できます。その評価の軸となるのがCPLとCPAです。この二つの数字が費用対効果を上げ、収益性を高めてくれる重要指標なのです。

この記事ではCPLとCPAを説明していきます。

CPLとは

CPLとは、Cost Per Leadの頭文字を取ったもので見込客獲得単価のことです。

たとえば、月の見込客獲得数が100件でインターネット集客にかかったコスト(ウェブサイトの運営費用やウェブ広告費用など)が20万円だとすると、

20万円(集客コスト)÷100件(獲得見込客数)=2,000円(見込客獲得単価)

となります。

見込客の獲得数が多くなれば見込客の獲得単価は下がります。

先ほどの例で、月の見込客獲得数が2倍の200件になると、

20万円(集客コスト)÷200件(獲得見込客数)=1,000円(見込客獲得単価)

と、見込客獲得単価は半分の1,000円に下がりました。

商品やサービス、ビジネスタイプにもよりますが、一般的には集客コストを下げるよりも多くのアクセスを集めてCPLを下げることを目指します。多くの見込み客を集めるのが大前提ですからね。

ただし、気をつけなければいけないのは、CPLで求められるのは見込み客一人あたりの獲得コストであり、見込み客の質は測定できないということです。

CPAとは

CPAとは、Cost Per Acquisitionの頭文字を取ったもので新規顧客獲得単価のことです。

たとえば、月の新規顧客獲得数が20名で集客コストが20万円だとすると、

20万円(集客コスト)÷20名(新規顧客獲得数)=10,000円(新規顧客獲得単価)

となります。

CPAを下げるには質の高いリード(見込客)を増やす必要があります。

インターネットで収益性を高める方法

インターネット集客は数字のビジネスです。

インターネット上のあらゆることが測定可能であり、測定された事実に基づいて問題を認識し、修正、改善することで収益性を高めていかなければなりません。

なぜなら、インターネットマーケティングにかかる費用は収益を得るための投資であり、投資である以上は収益というカタチで必ず回収する必要があるからです。そうでなければビジネスは成り立ちません。

そのため、正しく指標を理解して取り組むことが大事です。とくに、社内スタッフや外部パートナーなどの複数人で指標を使う時はコンバージョンの定義など、あらかじめ確認する必要があります。

どんどん膨張するインターネットの世界ではリスティング広告などPPC単価の高騰により、どこも利益率の低下に悩まされています。

利益率の改善には、このCPLとCPAをしっかりと分析して取り組む必要があります。

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

「もったいないよ!」

そんな怒りにも似た気持ちで、私はこのレポートを書きました。

いつも思うのは、 「インターネットを使えばもっと簡単にできるのに」ということ。

事実、見込み客だけでなく取引先や従業員まで、あなたのビジネスに関係 するすべての人をもっと簡単に集めることができます。それもあまりお金 をかけずに、です。

インターネットを使えば資金力のある大企業とだって戦えます。

というよりも、インターネットを使わないと勝負になりません。 潤沢な資金のある大企業があなたのテリトリーに攻め込んできら、まず 太刀打ちできないでしょう。

インターネット集客の基礎知識の最近記事

  1. リスティング広告よりもFacebook広告で獲りにいく3つの商品タイプ

  2. Facebook広告の効果測定。ABテストを検証して改善につなげる方法

  3. ステップメールの作り方。シナリオ制作と配信スケジュールの設定方法

  4. ホームページで見込み客に信用してもらう4つの要素

  5. 検索クエリとキーワードとの違い。なぜSEOもリスティング広告も検索意図の理解が必要なのか?…

関連記事

PAGE TOP