ネット集客ならPRナビ。もう1人、自分がいたらいいのに・・・。「社長と分身」となるホームページを低コストで作る方法

  1. マーケティングの力を磨く
  2. 5451 view

「成功体験」「導入事例」「お客様の声」「推薦コメント」で動画コンテンツを作る6つのメリット

「成功体験」「導入事例」「お客様の声」「推薦コメント」で動画コンテンツを作る6つのメリット

基本的に、買い手は売り手の言うことを100%信用しません。

なぜなら、売ることでメリットがあるのは売り手だからです。だから売り手の言葉は売るための言葉、いわゆるセールストークとして100%信用されることがないのです。

そこで取り組みたいのが「成功体験」「導入事例」「お客様の声」「推薦コメント」のコンテンツ化です。それも動画コンテンツにすれば信頼性と知覚価値が上がります。

この記事では「成功体験」「導入事例」「お客様の声」「推薦コメント」で動画コンテンツを作る6つのメリットをご紹介します。

メリットから逆算して、あなたのビジネスではどのように動画コンテンツを活かせるか、考えてみてください。

「成功体験」「導入事例」「お客様の声」「推薦コメント」で動画コンテンツを作る6つのメリット

①信頼性が上がる

「成功体験」「導入事例」「お客様の声」「推薦コメント」。

この4つに共通するのは、すべてお客様が主人公だという点です。

繰り返しになりますが、買い手は売り手の言うことを100%信用しません。

でも「成功体験」や「お客様の声」という形にすれば、お客様の視点で商品やサービスを語ることになるので、とても説得力があるのです。

②知覚価値が上がる

心理学者のメラビアン博士によると、話し手が聞き手に与える影響力の構成は、

1位 視覚情報・・・55%

2位 聴覚情報・・・38%

3位 言語情報・・・7%

になります。

このことから、話し手の影響力は言語以外の93%に依存されるということがわかります。もっと簡単に言うと、私たちは読むよりも、見たり聞いたりすることに影響されやすいということです。

それに加えて、私たちの脳は言葉だけの情報よりも映像の情報を記憶しやすいようにできています。

ちょっと思い出してみてください。

楽しい思い出も、悲しい思い出も、すべて映像として覚えていますよね?

それにインターネットの文字情報は誰でも簡単に操作できてしまいます。でも、お客様を主人公とした動画ではそうはいきません。

③見込み客がイメージしやすい

A PICTURE IS WORTH A THOUSAND WORDS

これは古くからある英語のことわざです。

直訳すると「絵は千の言葉の価値がある」です。「百聞は一見に如かず」と言ったほうがわかりやすいでしょうか?

人は頭の中でイメージできないものには魅力を感じないし、欲求も起こりません。

「この商品は自分のためのものだ」

そう思ってもらうには、まず最初に見込み客の頭の中でその商品やサービスを使ってもらう必要があるのです。

例えば、洋服であればパッと見て、良さそうと感じたら手に取り、着こなしなどを想像して、最終確認に試着、そして購入ですよね。

イメージをすっ飛ばして購入なんてことはないはずです。

ちょっと極端ですが、文字情報だけではどんな洋服かもわかりづらいし、着こなしなんて想像できませんよね?

だからイメージを伝えるために写真を使うか、それ以上に伝えるのであれば動きと音声の入った動画が最適なのです。

④お客様の声は最強のセールスマン

ソーシャルメディアの発達とタダ同然になった動画の視聴環境。

この二つが最強のセールスマンを簡単に増殖するようになりました。

商品やサービスと利害関係のないお客様の、それも実際に商品を使ったりサービスを利用したお客様の感想は最強のセールストークになります。

事例紹介という形にすれば、お客様の視点で製品を語ることができるため、とても説得力があります。

それがソーシャルメディアと視聴環境の発達でどんどんレバレッジを効かせられる。

これって、まさにセールスの自動化ですよね。

⑤SEO(検索エンジン最適化)に有効

しっかりと作り込まれた紹介事例ページは、それだけで価値あるコンテンツになり、SEOのロングテール対策にもなります。

なぜなら、紹介事例を作り込んでいくと、商品やサービス名だけでなく関係のある言葉が自然と含まれてくるからです。その言葉が見込み客が検索キーワードとなって検索結果にヒットするようになります。

もし検索ボリュームが少なくても、キーワードの組み合わせを積み重ねることによってボディブローのようにじわじわと効いていき、多くのアクセスが集まるようになります。

⑥簡単にホームページを更新できる

考えて、練り上げるコンテンツに比べて、「紹介事例」は実際にあったことを紹介するコンテンツです。

しかも、その商品やサービスが売れている限り、事例はずっと出続けますよね? つまり、コンテンツが量産しやすいということです。

ホームページの更新が止まってしまう大きな理由のひとつに、

「何を書いたらいいかわからない、、ネタがない、、」が挙げられますが、これで解決できますね。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では「成功体験」「導入事例」「お客様の声」「推薦コメント」で動画コンテンツを作る6つのメリットをご紹介してきました。

これからは完全に動画ファースト。

動画が簡単にモバイルされて、外出先でどんどん消化され、見込み客の意思決定に大きく影響する時代です。

もしまだ導入されていないのであれば、ぜひとも早めに取り組みたいですね。

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

「もったいないよ!」

そんな怒りにも似た気持ちで、私はこのレポートを書きました。

いつも思うのは、 「インターネットを使えばもっと簡単にできるのに」ということ。

事実、見込み客だけでなく取引先や従業員まで、あなたのビジネスに関係 するすべての人をもっと簡単に集めることができます。それもあまりお金 をかけずに、です。

インターネットを使えば資金力のある大企業とだって戦えます。

というよりも、インターネットを使わないと勝負になりません。 潤沢な資金のある大企業があなたのテリトリーに攻め込んできら、まず 太刀打ちできないでしょう。

マーケティングの力を磨くの最近記事

  1. 【集客動画の作り方】確実に買ってくれる一人の見込み客に向けて話す

  2. ステップメールの作り方。シナリオ制作と配信スケジュールの設定方法

  3. ホームページで見込み客に信用してもらう4つの要素

  4. 【集客動画の作り方】なぜ経営者のインタビュー動画で仕事(来店・販売・相談)が増えるのか?

  5. メールマーケティングの効果測定に必要な5つの基本指標

関連記事

PAGE TOP