ネット集客ならPRナビ。もう1人、自分がいたらいいのに・・・。「社長の分身」となるホームページを低コストで作る方法

  1. マーケティングの力を磨く
  2. 65923 view

商品の価値を見込み客にわかりやすく伝える方法(あなたの商品の価値を最大化する3つの質問)

商品の価値を見込み客にわかりやすく伝える方法(あなたの商品価値を最大化する3つの質問)

「こんなにすばらしいのにどうして売れないんだろう、、、」

あなたもそう思ったことはありませんか?

客観的に見ても本当にすばらしい商品なのにそれほど売れない。その場合、たいていは見込み客があなたの商品の価値を知りません。

見込み客が商品の価値を知らない。

その考えられる理由は2つ。

商品自体を知らないか、または商品の価値を知らないか、そのどちらかです。

商品自体を知らないのであれば広告を出すとかして商品の露出を増やしましょう。

もし商品の価値を知らないのであれば、どれだけ見込み客の役に立つのか理解してもらいましょう。

商品の価値を見込み客にわかりやすく伝えるのに良い方法があります。まずは次の質問に答えてみてください。

あなたの商品価値を最大化する3つの質問

商品の価値を伝えるときに大事なのが、見込み客が理解できるような言葉で商品の価値を伝えるということです。わかりやすく、見込み客の価値に置き換えることであなたの商品の価値を伝えていきます。

具体的な方法として、あなたの商品を見込み客の3つのベネフィット(便益)に置き換えます。

3つのベネフィットとは、「お金」「時間」「労力」です。

この3種類のベネフィットに置き換えることができれば、見込み客はあなたの商品の価値を自分の価値としてしっかり受け止めるようになります。理解が進むにつれて見込み客の中で商品の価値が上がっていくので、その分、あなたの商品に高い金額を払ってくれるようになります。

見込み客のベネフィットに置き換える3つの質問がこちら。さあ、あなたも考えてみてください。

  1. あなたの商品のベネフィットを「お金」で考えると?
  2. あなたの商品のベネフィットを「時間」で考えると?
  3. あなたの商品のベネフィットを「労力」で考えると?

上手く置き換えられましたか?

もう少しわかりやすいように具体例を挙げますね。

あなたの商品の価値を3種類のベネフィットで考える

1. あなたの商品のベネフィットを「お金」で考えると?

たとえばPRナビの商品、「ホームページ(集客ブログ)制作」で考えると、見込み客のベネフィットは安定した売上と集客コストの削減です。

PRナビが集客設計したホームページを使うことでアクセスが増え、集客力がアップすれば、売上につながります。これは広告などの施策と違って一過性のものではなく、情報を積み上げていく継続的なものなので安定したアクセス、安定した集客、安定した売上につながります。

しかも、一度発信した情報に見込み客が集まり続けるので、基本的な営業活動や宣伝活動にかけていた集客コストを削減することができます。

安定した売上と集客コストの削減

これが見込み客のベネフィットを「お金」で考えるということです。

こんな感じであなたの見込み客がいつもよく使う言葉に置き換えてみてください。

さあ、次は「時間」です。

2. あなたの商品のベネフィットを「時間」で考えると?

PRナビの「ホームページ(集客ブログ)制作」で言えば、ホームページで集客を自動化することで見込み客は自分の使える「時間」が増えるようになります。

営業や宣伝など集客にかけていた時間を大幅に減らせれば、空いた時間を別のことに使えます。本業に集中する時間を増やしたり、専門書や業界誌など自分のビジネスに役立つ本を読んで知識やスキルを磨いたり、思い切って休みを取って家族旅行をしたり、ゴルフなど趣味の時間を増やしたりしてプライベートを充実させたり、、、

忙しい見込み客にとって自分の使える「時間」が増えるというベネフィットがイメージできれば、ものすごく商品価値が高まります。

3. あなたの商品のベネフィットを「労力」で考えると?

PRナビで作ったホームページは、ホームページそのものが営業担当者となり、基本的な集客業務を見込み客に代わって行ってくれます。これは見込み客の集客活動に費やす「労力」を大幅に減らせることを意味します。

基本的な商品説明とか、よくある質問にはFAQを用意するなど、だれでもできるような仕事をホームページに任せることで、自分の「労力」を本業に集中させられるので、体がボロボロになるまで見込み客を追いかけるといった負担が減るようになります。

見込み客にとって、自分の代わりにホームページが集客してくれたら集客活動に費やす「労力」を大幅に減らせるので大いに助かりますよね。

まとめ

商品の価値を伝えるときは見込み客の理解できる言葉を使って商品のベネフィットを伝えるようにしましょう。

それにはあなたの商品のベネフィットを見込み客の「お金」「時間」「労力」に置き換えてみてください。

この3種類のベネフィットで伝えることができれば、見込み客はあなたの商品の価値を自分の価値としてしっかりと受け止めてくれます。そうやって理解が進むにつれて見込み客の中で商品の価値が大きくなっていくので、その分、あなたの商品に高い金額を払ってくれるようになります。

あなたも試してみてください。

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

「もったいないよ!」

そんな怒りにも似た気持ちで、私はこのレポートを書きました。

いつも思うのは、 「インターネットを使えばもっと簡単にできるのに」ということ。

事実、見込み客だけでなく取引先や従業員まで、あなたのビジネスに関係 するすべての人をもっと簡単に集めることができます。それもあまりお金 をかけずに、です。

インターネットを使えば資金力のある大企業とだって戦えます。

というよりも、インターネットを使わないと勝負になりません。 潤沢な資金のある大企業があなたのテリトリーに攻め込んできら、まず 太刀打ちできないでしょう。

マーケティングの力を磨くの最近記事

  1. 結婚相談所の集客で行うべきマーケティングとは何か?

  2. 【集客動画の作り方】確実に買ってくれる一人の見込み客に向けて話す

  3. ステップメールの作り方。シナリオ制作と配信スケジュールの設定方法

  4. ホームページで見込み客に信用してもらう4つの要素

  5. 【集客動画の作り方】なぜ経営者のインタビュー動画で仕事(来店・販売・相談)が増えるのか?

関連記事

PAGE TOP