ネット集客ならPRナビ。もう1人、自分がいたらいいのに・・・。「社長の分身」となるホームページを低コストで作る方法

  1. マーケティングの力を磨く
  2. 14211 view

イソップ寓話『北風と太陽』の教訓。見込み客の行動と決断の根底にあるもの

見込み客の行動と決断の本質。イソップ寓話『北風と太陽』より、、、

『北風と太陽』。

今さら説明するまでもありませんよね。

イソップ寓話の中でも1、2を争うほどの有名なお話です。

この物語は「人は力づくでは動かない。それよりもその気にさせたほうがいい」ということを教えています。

この教えを私たちのビジネスにどう活かすのか?

それをこれからお話します。

聞いてください。

イソップ寓話『北風と太陽』

ある日、北風と太陽が言い争っていた。

 

「ぼくが一番強い。なんでも吹き飛ばせるぞ!」

北風がそう言うと、

「確かに君には力がある。でも私のほうが強いよ!」

太陽はこう言い返す。

 

これでは埒があかない。

そこで北風と太陽は力比べをすることにした。

 

ちょうどそこへ旅人が通りかかった。

「よし、あそこの旅人が着ている服を脱がせたほうが勝ちとしよう」

 

まずは北風から。

「見てろ。旅人の服を吹き飛ばしてやる」

ビューッ! と冷たい風を旅人に吹きかけた。

 

「寒くなってきたぞ」

旅人は震えあがって、しっかりと服をおさえた。

 

さらに北風は力を入れて、

ビュッ、ビュ―ッ! と旅人に吹きかけた。

 

「おお、なんて寒いんだ」

そういうと旅人は荷物の中から服を取り出して、今着ている服の上に重ねて着た。

 

「これでもか!」

さらに北風は力いっぱい冷たい風を吹き続けた。

 

旅人は飛ばされないようにしっかりと服を押さえつけ、体を前かがみにして歩き続けた。

ついに北風は諦めた。

 

「よし、今度は私の番だ」

太陽はそう言うと、やさしく旅人を暖め始めた。

 

「ぽかぽかしてきたぞ」

旅人は重ねて着た服を脱ぎだした。

 

さらに太陽はあたたかい日差しを当て続けた。

歩いていた旅人はしだいに汗ばんできて、荷物を下ろして一休みすることにした。

 

さらに太陽は強い日差しを当て続けた。

「ふぅー、暑くてたまらない」

旅人は着ていた服を全部脱ぎ捨てると、近くの川へ水浴びにいった。

引用:イソップ童話『北風と太陽』より

どうでしたか? 期待を裏切らない展開でしたよね。

北風は「服を脱ぐように」力ずくで説得しましたが、かえって旅人の態度は固くなりました。

でも太陽は「服を着ていると暑い」という気づきを与えました。旅人は暑さの解決策として、一枚服を脱ぎ、一休みし、服を全部脱ぎ、川で水浴びする、という行動を次から次へと起こしました。

これは私たちのビジネスにも通じる話ではないでしょうか?

見込み客の行動と決断の根底にあるもの

人は買うのが好き。でも買わされるのは嫌い。

この言葉の通り、私たちは物事を強制されるのを嫌います。あくまで自分の意志で物事を決めたいと考えています。

これは説得と気づきの違いが、私たちが行動を起こすモチベーションの違いになることを意味しています。

例えば、「健康のために運動しなさい」と周りから言われるのと、「健康のために運動しよう」と自ら思い立ったのでは、行動への転換や持続性など、取り組みの熱量がまったく違いますよね。(仮に、お医者さんが運動するように説得したところで長続きしませんよね)

人は「説得に応じる」ことで自分の考えを曲げさせられるものとして捉え、

  • 本当かな
  • いやちょっと待てよ
  • そんなのわかってるよ

このような心理的な抵抗が働きます。説得感が強くなるほど、心理的な抵抗も大きくなります。そんなつもりじゃなかったとしても相手が説得させられたと感じている限り、この抵抗はずっと意識のなかに付きまといます。

でも自分の気づきとして決断したことには迷いがありません。自分の決断は正しいと信じたいからです。(誰だって自分の間違いは認めたくありませんからね)

気づきを起点にした決断は行動への転換と持続性を強化します。

「健康と運動習慣」のような人類の永遠のテーマ(笑)ともいえる行動を持続できるかどうかは別にしても、健康には運動が大事だという考えは気づきによって強化され、きっと持続しますよね。

だから見込み客の行動と決断の根底にあるものは気づき。

見込み客のベネフィットに気づいてもらう

もし見込み客に行動を起こしてもらいたいのであれば、あなたのビジネスを通じて見込み客が手に入れるベネフィットに気づいてもらいましょう。

あなたの商品やサービスは見込み客の、

  • どんな悩みを解決できるのか?
  • どのように解決できるのか?
  • その結果、どんな未来が手に入るのか?

これを繰り返し伝えることで、相手の気づきにつながり、相手の気持ちに変化を生じさせるようになります。

抱えている悩みが大きいほど、大切なことに気づかせてくれた人の存在感は大きくなります。売り手としては大きな強みになりますよね。

それに説得されるよりも自分で気づいたほうが見込み客の自尊心も保てますからね。買い手は気持ちよく買えるわけです。

だから説得よりも気づき。

まとめ

私たちのビジネスでは太陽方式でいきましょう。

北風方式の説得というアプローチは失敗することがあります。そもそも相手の考え方を変えさせるやり方ですから。人は自分の考えを容易に曲げませんし、失敗したときの反動は大きくなりがちです。

それよりも自らの気づきで考え方を変えてもらったほうが上手くいきますし、その気づきが大きければ大きいほど、自分の決断として(と思い込んで)自発的に行動を起こして、持続性も強くなります。

だから太陽方式です。

これがイソップ寓話『北風と太陽』の教えの、私たちのビジネスへの活かし方です。

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

「もったいないよ!」

そんな怒りにも似た気持ちで、私はこのレポートを書きました。

いつも思うのは、 「インターネットを使えばもっと簡単にできるのに」ということ。

事実、見込み客だけでなく取引先や従業員まで、あなたのビジネスに関係 するすべての人をもっと簡単に集めることができます。それもあまりお金 をかけずに、です。

インターネットを使えば資金力のある大企業とだって戦えます。

というよりも、インターネットを使わないと勝負になりません。 潤沢な資金のある大企業があなたのテリトリーに攻め込んできら、まず 太刀打ちできないでしょう。

マーケティングの力を磨くの最近記事

  1. 結婚相談所が行うべきマーケティングとは何か?

  2. 【集客動画の作り方】確実に買ってくれる一人の見込み客に向けて話す

  3. ステップメールの作り方。シナリオ制作と配信スケジュールの設定方法

  4. ホームページで見込み客に信用してもらう4つの要素

  5. 【集客動画の作り方】なぜ経営者のインタビュー動画で仕事(来店・販売・相談)が増えるのか?

関連記事

PAGE TOP