ネット集客ならPRナビ。もう1人、自分がいたらいいのに・・・。「社長の分身」となるホームページを低コストで作る方法

  1. 集客ブログの書き方
  2. 17980 view

専門家の知識とスキルを集客ブログで証明する方法

なぜ専門家の知識とスキルを集客ブログで証明するのか?

あなたは自分のビジネスの専門家でしょうか?

であれば、あなたの専門家としての知識とスキルを集客ブログで証明していきましょう。

集客には専門家としての立場が有利なのは間違いありません。

誰だってその分野に詳しい人やプロフェッショナルからアドバイスを受けたいと思うからです。それは商品やサービスを買う場合でも同じ。それも支払う金額に比例して専門家への期待は大きくなっていきます。

でも、あなたに知識やスキルがあることを知らなければ、相手はあなたを専門家として見てくれません。

もっとお客さんを集めたい、もっと多く売りたいと考えているのであれば、自分のビジネスのポジションを上げる必要があります。それにはまず集客ブログであなたの知識とスキルを証明して、相手にあなたが専門家であることを知ってもらうことから始めましょう。

集客ブログはあなたの専門家としての知識とスキルを証明してくれます。

なぜ、専門家になるべきなのか?

プロフェッショナル、スペシャリスト、エキスパート、名人、達人、権威、そして専門家。

もしあなたがアドバイスを受けるとしたら、どんな人を選びますか?

もちろん、その分野の詳しい人ですよね。

誰でも間違ったアドバイスで失敗したくないし、的確なアドバイスを受けて一番良い結果がほしいと考えるからです。

でもどんなに的確なアドバイスでもその分野と関係のない人に言われたのでは、素直に信用できませんよね。 反対に、大したことないアドバイスでも、その道の専門家の言うことなら受け入れやすいものです。

例えば、あなたに発熱、鼻づまり、のどの痛みがあったとします。友人から「それは風邪だよ。間違いない」と言われたのと、医者から「それは風邪です。間違いありません」と言われたのでは、どちらの見立てを信用しますか?

もちろん、医者ですよね。

税金の問題なら税理士に、法律の問題なら弁護士に相談するはずです。それが専門家としての信用の力であり、相手に強く影響を与えることのできる力です。

つまり、何を言われたかでなく、誰に言われたか、これが大事なんです。

専門家に必要な条件

ところであなたは専門家に必要な条件は何か、知っていますか?

その分野での知識やスキルがあるのはもちろんですが、それ以上に周りがその人を専門家として見てくれることです。

当たり前に聞こえるかもしれませんが、じつはとても大事なことです。

あなたがどんなに多くの知識や優れたスキルを持っていても、周りの人がそのことを知らなければあなたは専門家ではありません。

哲学的な話で「誰もいない山奥で大きな木が倒れたとき、音はするか?」というものがあります。

もちろん物理的には音がするのですが、それを聞いている人がいなければ「音はしない」とも言えます。それと同じで専門家も、ただ存在しているだけでは存在していないのと同じなのです。

だから、あなたを専門家として見てもらいたいのであれば、まずはあなたが専門家であることを知ってもらわなければいけません。

専門家として名乗りを上げる

あなたが得意とする分野で誰かに影響を与えたいなら、その分野の専門家として名乗りを上げましょう。

あなたが何者であって、何に詳しくて、相手に何をしてあげられるのか。それが相手にどんな結果をもたらすのかをしっかりと伝えていきましょう。

あなたがその分野の専門家であり十分な知識とスキルをもっていると相手が認めてくれたとき、あなたは相手に対して強い影響を与えることができます。

専門家として影響を与える方法

あなたは自分の強みを使って誰に影響を与えたいですか?

ごく身近な友人?  知人?  家族?  あなたの住む町内の人? 日本中の人?  それとも世界中の人?

影響を与えたい相手のデモグラフィック(性別、年齢、住んでいる地域、所得、職業、学歴、家族構成などの属性)によって、使うメディア(相手と接触する媒体)を選びましょう。

例えば、あなたが地元のクリーニング店の経営者であれば、見込み客に影響を与えるのには、住んでいる地域に折り込みチラシをまくとか、タウン誌に掲載してもらうのが効果的かもしれません。

もしあなたが日本中に歯ブラシや歯磨き粉を販売しているのであれば日本中の消費者が相手です。テレビや新聞を使って宣伝するなど、広い範囲に影響を与えるようなメディアが理想的と言えるでしょう。

インターネット集客ではどのメディアが最適か?

もしあなたが選ぶとしたらどのメディアが最適でしょうか?

私たちはこの記事のタイトルにもあるように「集客ブログ」があなたを専門家として証明する最強のツールだと考えています。

その理由は2つあります。

「検索」が見込み客とあなたを結び付ける

あなたは何か知りたいことがあったら、スマホやパソコンでサッと「検索」しませんか?

「検索」したときにあなたの知識とスキルを知ってもらえることが、専門家として存在感を示す第一歩です。「あなたの知識とスキルで書かれたブログ記事」で知りたいことが解決した人は、あなたの知識とスキルに感謝するはずです。

(ちなみに私は、仕事に関係する情報の多くを複数の同じウェブサイトから入手しています。価値ある情報で役に立つことが多いので、それぞれのサイト運営者には本当に感謝しています!)

そして、相手が解決したい問題の深刻度とあなたのブログ記事のお役立ち度が高いほど、相手はあなたをベンチマークし、あなたのブログ記事にリピートします。(まさに私、、、)

この繰り返しで専門家としての地位を築いていくことができます。

ちなみに、同じインターネットメディアとしてはFacebookやTwitterなどのSNSもありますが、軸となるメディアはコンテンツストック型のブログです。

どうしてかというと、SNSは情報を拡散させる瞬発力はあるものの、ニュース番組と同じで次から次へと新しい情報が流れてきます。そうすると、あなたが発信した情報もどんどん新しい情報に埋もれていき、あっという間に見えなくなってしまうからです。

やったことがある人はよくわかると思いますが、SNSで過去の記事を探すのは、ものすごく大変です。そもそも過去の記事内容を覚えているかどうか。半年前に友人が何について投稿したかなんて、あなたもいちいち覚えていませんよね。

だから、あなたの知識やスキルを収納しておいて、相手が必要な時に取り出すメディアとしてはSNSは不向きと言えます。

もしSNSを使うのであれば、サブ的な使い方でブログ投稿と連動させて情報拡散を狙うのが基本戦略になります。

集客ブログは専門家の知識とスキルを売り込む営業ツール

ブログは優れた営業ツールでもあります。

なぜなら、あなたの知識やスキルを100%正確に再現してくれて、さらにレバレッジも効かせられるからです。

たった一人のセールスマンが、対面販売で、見込み客の一人ひとりに出会う代わりに、印刷された広告は数千、数万もの見込み客に同時に出会うことができ、その広告が強い説得力のあるセールスコピーを持てば、高い確率で多くの契約を勝ち取ることができます。

インターネットの世界では、物質的な制限のある紙面と違って、無制限にセールスメッセージを作ることができて、100%の再現性があります。動画広告にいたっては、動きあり、音声ありで、印刷された広告では絶対に真似できませんよね。これらはインターネット集客するうえでの最大の特長です。

参照:生身では敵わない! ホームページ(集客ブログ)という優秀なセールスマンが持つ、7つの特長とは?

だから、ブログはあなたの知識とスキルを多くの見込み客にどんどん売り込んでくれる、優秀なセールスマンと言えるのです。

集客ブログで伝えるべきことは何か?

例えば、あなたがイタリアンのシェフであれば、あなたの知っていることや考えていることを伝えます。

じつはあなたの知っている当たり前のことは、お客さんにとって当たり前ではありません。

だから「こんなことぐらいお客さんは知っているよ。わざわざ伝えるなんて恥ずかしい」なんて思わずに、丁寧にあなたの知っていることを全部伝えて下さい。

例えば、

  • なぜ、包丁は肉用と魚用で使い分けなければいけないのか?
  • なぜ、パスタはアルデンテしたほうが美味しいのか?
  • なぜ、ピザは釜で焼くと美味しいのか?

ちゃんと知っている人は意外といないものです。それに、もし知っていることでも専門家に改めて言われると、また違った受け止め方をしたりします。(専門家の証言は、自分の知識を裏付ける証拠として相手に喜ばれるものです)

そのほかにも、

  • なぜ、本場の味を再現したいのか?
  • そのために、あなたはどんなことにこだわっているのか?
  • では、本場の食材を使うのか? それとも地産地消でいくのか?

など、あなたの価値観や信念、あなたの世界観などを伝えることであなたの熱心なファンが増えていきます。

そうなると、美味しいイタリアンという理由ではなく、あなたが作るからという理由でお客さんが集まってきます。つまり、あなたという付加価値で競合との差別化につながるのです。

すると、あなたが作るものであればイタリアンだけでなく、中華でもフレンチでも食べたくなっていきます。(なんと言っても、あなたが作るのですから)

アップル社の製品は、デザインや機能面以上に、アップルが作っているというだけで熱心なファンが買っていきますよね。(もっと正確に言うと、スティーブ・ジョブズに魅せられた、狂信的なファンが盲目的に買っていきます)

村上春樹さんの小説は、作品のおもしろさ以上に、村上春樹の作品というだけで熱心なファンが買っていきます。(つまり、ハルキストですね)

集客ブログで専門性を磨く

「まだ専門家を名乗るほど詳しくないよ、、、」

もしあなたがそう思っていても大丈夫です。まったく心配いりません。

これから、専門家に相応しい知識とスキルを磨いていけばいいのです。

事実として、専門家の知識やスキルはインプットとアウトプットの繰り返しです。誰でも最初から十分な知識やスキルがあったわけではありません。「必要な知識やスキルをどんどん吸収することで専門性を磨き、実践の場で吐き出してから振り返る」この繰り返しで専門家として成長していくのです。

だから、あなたも必要な知識やスキルをどんどんインプットして、集客ブログでどんどんアウトプットして下さい。この繰り返しが確実にあなたの専門性を磨き上げます。(専門家としての証明にもつながるので一石二鳥ですね)

アウトプットするコツは、あなたの情報がどのように役立つのかを、相手の目線で、わかりやすく、具体的に伝えることです。

まとめ

もしあなたが、もっとお客さんを集めたい、もっと多く売りたいと考えているのであれば、自分のビジネスのポジションを上げていきましょう。そのためにまずは集客ブログで専門家としての知識とスキルを証明して、相手にあなたが専門家であることを認めてもらうことから始めます。

大事なことなので繰り返しますが、知識やスキル以上に、周りにそう見てもらえることが重要です。

そう考えると、じつは専門家の仕組みって、案外簡単なものですよね。

さあ、集客ブログで専門家としての存在感を示していきましょう!

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

「もったいないよ!」

そんな怒りにも似た気持ちで、私はこのレポートを書きました。

いつも思うのは、 「インターネットを使えばもっと簡単にできるのに」ということ。

事実、見込み客だけでなく取引先や従業員まで、あなたのビジネスに関係 するすべての人をもっと簡単に集めることができます。それもあまりお金 をかけずに、です。

インターネットを使えば資金力のある大企業とだって戦えます。

というよりも、インターネットを使わないと勝負になりません。 潤沢な資金のある大企業があなたのテリトリーに攻め込んできら、まず 太刀打ちできないでしょう。

集客ブログの書き方の最近記事

  1. 【集客ブログの書き方】説明文ではなく「濃い体験」を書く

  2. 【集客ブログの書き方】結論や要点、記事のテーマを先に書く

  3. 【集客ブログの書き方】文末表現のルールを守る

  4. ブログ記事やメルマガのネタに困らないライティングのコツ

  5. 【集客ブログの書き方】三段論法で説得力を持たせる

関連記事

PAGE TOP