あなたは何が問題だと思いますか?

 

先日、飲食店を経営されている方からこんな相談を受けました。

いろいろなビジネス書やマーケティングの本を読んでいるのですが、思うように効果が出ません、、、とても厳しい状況です、、、と。

 

それは本当に、効果実証済みの本物のノウハウか?

話を聞くと、本当にこの方はよく本を読んで勉強されています。専門家と自負のある、私たち以上に集客についての本を読んでいらっしゃいます。

 

では、なぜ成果に結びつかないのか?

集客効果が出ないのか?

 

なぜなら、読んでいる本のほとんどが集客の役立たない、マーケティングの本ばかりのようだからです。

ノウハウについて、必要な2つのこと

本物のノウハウを知っているか?

 

そして、そのノウハウを実践しているか?

 

必要なことは、この2つにつきます。どちらかが欠けても結果は出ません。

 

「本物のノウハウ」は、「正しいやり方」とも言えます。正しいやり方とは、そのやり方でいくつもの効果が出ている、成功しているということです。

 

間違ったやり方ではいくらやったところで結果は出ません。仮にラッキーパンチが当たったとしても、そんなラッキーは続きません。ビジネスの現場で偶然による成果は継続しませんし、真剣勝負の場である自分のビジネスでラッキーに賭けようという経営者もいないと思います。

 

本物のノウハウは継続して実践することで成果につながります。ただし、実践とは一度きりのものであってはいけません。一度で成果につながるものもあれば、一度では思うような結果が出ずに改善と実践を繰り返して成果につながるケースもあります。手法に対して自分のビジネスに合うように若干の調整やローカライズが必要な場合もあります。本物のノウハウとは、すでにいくつもの成功事例があるのはもちろんですが、それはほぼすべての業界業種に応用できるものなのです。

 

そして、本当に役に立つ、本物のノウハウを知るには本物のノウハウを具体的に示した本から学ぶのが最適です。(本に限らず、動画でもセミナー参加でも同じです)

 

ですが、残念ながら現在は本物のノウハウを示した本に出合う可能性が低くなっています。Eブックやネットによる情報配信の普及により、紙の媒体が売れないといわれていますが、そのため出版ビジネスにおける戦略が大きく影響しています。

 

理由はじつにシンプルで、本物のノウハウを示した実力のある本ほど売れないからです。

 

本物のノウハウの見つけ方

現在は、モノより情報に価値があるといわれる時代です。

 

ちまたではノウハウを示した本、ハウトゥー(HOW・TO)本がそこら中に溢れかえっています。空前のブームとも言えます。世の中が知識・情報を欲しており、TVをつけても情報番組やクイズ番組のなんと多いことか。某民放局で昼の時間帯にやっていた国民的長寿のバラエティ番組が終了して情報番組が始まったのは記憶に新しいところですし、NHKでも昼の時間帯で約22年続いた、バラエティ番組もこの3月で終了し、4月からは情報番組が始まるそうです。

 

出版ビジネスは本を売らないとビジネスとして成立しません。人気作家や著名な方が出す本は売れるのですが、それではまだまだ足りません。そこで世の中が欲しているノウハウ本、ハウトゥー本の販売にも力点が置かれる訳です。紙の媒体が売れないと言いましたが、そんなことはありません。売れる工夫を施した、多くのノウハウ本が出版されています。

 

ですが、考えてみてください。

 

そんなに多く、本物のノウハウってあるんですか? 次から次へと新刊が出されるように本物のノウハウって湧き出てくるものなんですか?

 

もちろん、方法がひとつしかないということではありません。

 

ビジネス環境も時代とともに変化していきます。20年前には存在しなかった、インターネットビジネスがいまや当たり前になったように、環境は常に変化し続け、時には大きな変革があります。

 

同じ時代に同じビジネスであってもアプローチの方法がひとつということはありませんし、時代とともに方法も増えていきます。

 

ですが、雨後の筍のようにノウハウ本が出るのは、読み手としてはどのノウハウ本が本当に役に立つのか、判断するのも大変です。結局、タイトルを見て、見出しを見て、ピンときた本を手にするということも少なくないはずです。

 

誤解しないでいただきたいのは、情報番組が悪い、ノウハウ本がいけない、と言っているのではありません。世の中のニーズに合っており、知識欲の度合いもひとそれぞれであれば、その中身にそのひとが満足すれば良いとも思います。

 

ただし、真剣勝負のビジネスの場で使えるノウハウの選び方を間違えてはいけないと言っているのです。

 

セールスライターの私たちがこう言うのもおかしな話ですが、売れる本の作り方や読まれる記事の作り方には、それこそノウハウがあります。セールスライティングのスキルとも言えますが、簡単に説明すると、人目を惹くタイトルにすること、期待感を煽るタイトルにすること、それと、ラクに簡単に出来ると伝え、読み手をその気にさせることです。

 

例えば、ダイエットでいえば、「1日5分。怠け者の私にも出来た、正しく座るだけで1週間で5キロ痩せる方法」とか、英会話を学びたい人には「10分の集中学習でこれだけ覚えればOK!海外ですぐ使える10のセンテンス」、ビジネス書だと「MBA流!今まで気づかなかった、7つの簡単な稼ぎ方」という具合です。 (売れる本や記事のタイトルに求められるものを伝えるために、あえて誇張した表現です。そんな本はありません。念のため)

 

困ったことにタイトルや見出しのコピーは秀逸だけど中身の薄っぺらいノウハウ本が多いのです。

 

中身が薄いとサクサクと読み進めることが出来て、すぐ読み終える。そんな手軽に読めるノウハウ本が売れているのです。読み終えたら分かった気になるが、具体的に、それをどのように自分のビジネスに落とし込むのか分かりづらい。

 

もし私たちが本や記事を勧めるとしたら...。

 

極論でいうと、タイトルなんてなんでもいいのです。

 

本当に必要なのは、効果実証済みのものであるか?

 

そして、具体的な手法が示されているか?

 

これに尽きます。

 

目次や見出しを見て、パラパラめくって見て、少し読めば示されているか分かると思います。

 

この2つを備えた、実力のある本を読んで理解するのにはとてもパワーが必要です。とても内容が濃いからです。内容の薄い、抽象的な説明ばかりの本を読むのに比べて少なくとも3倍以上のパワーが必要です。

 

読んで理解するには読み手の実力も試されます。ですが、読みづらいというものではありません。成功するビジネスに共通するところですが、ストーリー展開がしっかりとしているので、その面白さにグイグイと引き込まれてしまうからです。

 

そして、理解した知識は何物にも代えがたい、あなたのビジネスを構築するうえでの大きな財産となります。あとは実践するだけです。本物のノウハウであれば、かならず結果は出るので、実践すること。改善を繰り返し、自分のビジネスに使えるまで実践するだけなのです。

 

まだ、競合がそのことに気づいていないならあなたのビジネスにとって大きなチャンスとも言えます。

 

まとめ

冒頭、相談を受けた方へは以上のように伝えたのですが、まとめると以下のようになります。

  1. 本物のノウハウを知ること。知るためには、効果実証済み且つ具体的な手法が示されたところから学ぶこと。
  2. 実践すること。本物のノウハウであれば結果はついてくると思い、実践⇒改善⇒実践を繰り返すこと。

 

決して難しくありません。とてもシンプルです。

 

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

正直、インターネットを使えば、ほとんどコストをかけずに集客することが可能になります。これは紛れもない事実です。

しかし、多くの人は本業であれ副業であれ、インターネットを自分のビジネスに活用することができていません。

それは一体、なぜでしょうか?

それは、インターネットを使って集客をする”ちょっとしたコツ”を知らないからです。

インターネット集客には”ちょっとしたコツ”があります。多くの人たちは、この”ちょっとしたコツ”を知らないがために、中途半端なことを繰り返し、時間とお金と労力を浪費してしまっているのです。

このレポートでは、この”ちょっとしたコツ”を紹介するとともに、インターネットで集客することのプロのノウハウ(頭の中)を公開します。

このレポートに書かれている知識を知り、それをあなたのビジネスに応用することで、あなたは24時間365日、あなたの代わりに働き続けてくれる自動集客マシーンと呼べるものを手に入れることができるようになるでしょう。