あなたはご存知でしたか?

じつは、転職サイトや紹介会社が多くの保育士を紹介できるのには秘密があります。

その秘密とは、、、

驚きの、保育士の求職活動の実態とは

ある転職サイトのデータによると、求職活動中の保育士10人のうち9人がスマホで情報収集していて、転職する保育士4人のうち3人が辞める前に次の職場を決めています。

もちろん、折り込みチラシやフリーペーパーなどの求人広告の集客力も無視できませんが、問題は求職中の保育士が求人広告を出している保育園の情報を、スマホサイトで詳しく確認してから面接を受けるかどうか判断している、という事実があることです。

つまり、スマホサイトで発見されないと、あなたの園は応募の選択肢から外れる可能性が高いのです。ひょっとしたら、あなたの園を飛び越えて、となり町のライバル園まで採用面接を受けに行っているかもしれません、、、

ようするに、スマホサイトがないことで保育士採用のチャンスを失っているのです。もし、スマホサイトがないのなら、早く用意してスタートラインに立つ必要があります。

 

なぜ、転職サイトや紹介会社が多くの保育士を紹介できるのか

あなたは、なぜ転職サイトや紹介会社が多くの保育士を紹介できるのか、どこから保育士を連れてくるのか、不思議に思ったことはありませんか?

じつは、スマホサイトの使い方に秘密があるのです。

繰り返しになりますが、求職中の保育士の多くがスマホを使って情報収集しています。あなたの周りにも、パソコンは苦手だけどスマホはよく使う、というひとが多いのではありませんか?

そのことを企業はよく理解していて、保育士の集客ツールとしてスマホサイトを活用しています。なかには、「ちょっとそれは、ズルいよ!」と、私たちも驚くほどの、巧妙な仕掛けをしているところもあります。

 

スマホサイトを使う保育園の絶対的な強みとは

でも、スマホサイトを使えるようになれば、保育園には転職サイトや紹介会社にはない、絶対的な強みがあります。

それは、、、

 

現場のリアルな情報を発信できる、ということです。

離職率の高さが心配される保育人材市場ですが、その分、慎重に職場を決める保育士も多いのです。慎重に職場を決めるということは、情報を集めてしっかりと検討するということです。誰だって、これから働こうと考える職場のリアルな話は気になりますよね?

求職中の保育士にとって、園の保育理念や沿革よりも、どういう園長や保育士が働いていて、どんな様子の職場なのか、とても気になるところです。一番価値ある情報を提供できるのは現場であり、その保育園以上に現場のリアルな情報を発信できるところはありません。これが保育園の絶対的な強みです。

つまり、あなたのするべきことは転職サイトや紹介会社や、ライバル園にも負けないように、スマホサイトから現場のリアルな情報を、求職中の保育士に向けて発信することなのです。

そもそも、求職中の保育士は転職サイトで働きたいのではなく、働きたい保育園の情報を求めて転職サイトや紹介会社のスマホサイトに引き寄せられているのですから、、、

 

まとめ

まとめると、求職中の保育士はスマホサイトで情報収集している。だから、スマホサイトからの情報発信が欠かせない。そして求職中の保育士にとって、一番価値ある情報とは保育園のリアルな話である。

だから、保育士の採用を解決したい、あなたのするべきことは、求職中の保育士に向けて、園のリアルな情報をスマホサイトから発信することなのです。

 

「なんか、ワクワクしてきた!」

あなたの園のスマホサイトをみて、求職中の保育士にそう思ってもらえれば、勝負あった!ですよ。

 

 

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

正直、インターネットを使えば、ほとんどコストをかけずに集客することが可能になります。これは紛れもない事実です。

しかし、多くの人は本業であれ副業であれ、インターネットを自分のビジネスに活用することができていません。

それは一体、なぜでしょうか?

それは、インターネットを使って集客をする”ちょっとしたコツ”を知らないからです。

インターネット集客には”ちょっとしたコツ”があります。多くの人たちは、この”ちょっとしたコツ”を知らないがために、中途半端なことを繰り返し、時間とお金と労力を浪費してしまっているのです。

このレポートでは、この”ちょっとしたコツ”を紹介するとともに、インターネットで集客することのプロのノウハウ(頭の中)を公開します。

このレポートに書かれている知識を知り、それをあなたのビジネスに応用することで、あなたは24時間365日、あなたの代わりに働き続けてくれる自動集客マシーンと呼べるものを手に入れることができるようになるでしょう。