あなたは不思議に思ったことはありませんか?

なぜ、転職サイトや紹介会社がこんなに多くの保育士を紹介できるんだろう? どこから保育士を連れてくるんだろう?って。

もちろん、紹介ビジネスとして成り立つだけの大量採用しているからですが、じつはあなたの園でも、たった2つのことをするだけで応募が増え、保育士不足の悩みをアッというまに解消する方法があるんです。それも、ノーリスクで。

その、たった2つのこととは、、、

スマホサイトを使わない採用活動のリスクを知ってる?

でも、ちょっと待って下さい。

その前に、あなたは保育士さんの採用活動のスタートラインに立っていますか?

ある転職サイトのデータによると、転職を考えている保育士さん10人のうち9人がスマホを使って情報を収集していて、退職する保育士さんの4人に3人が次の仕事を決めてから辞めていくそうです。

つまり、仕事を探している保育士さんにあなたの園の求人広告をみてもらうには、スマホサイトからの情報発信が欠かせないということです。

たしかに、周りの保育士さんを見ればよくわかりますよね? 仕事でパソコンを使うのは苦手でも、スマホならほとんどのひとが毎日使っているのではないでしょうか? 友達とLINEしたり、「どこでご飯食べようか?」と食べログを見たり、なんでもスマホ片手に済ませることが当たり前になっています。

逆にいうと、スマホサイトがないとあなたの園の求人情報を見てもらえないということ。ひょっとすると、あなたの園の存在にすら気付かないということもあり得ます。これでは、求職者から応募がないのも当たり前ですよね。

 

そして、スマホサイトがないとインターネットでの存在感はますます無くなってしまうことが決定しています。だから、本気で保育士さんからの応募を増やしたいと考えているのなら、まずはスマホサイトをもち、採用活動のスタートラインに立つことを考えなければいけないのです。

*Googleはモバイルファーストインデックスを打ち出している。簡単にいえば、爆発的に増えたスマホユーザーのために、スマホ対応サイトを検索上位表示して、スマホ非対応サイトの評価を下げるということ。詳しく知りたい方はコチラから、、スマホ集客にはモバイルファーストインデックス(MFI)の対策が欠かせない

 

ついでにいうと、単体では反応の弱くなっている折り込みチラシやフリーペーパーなどもスマホサイトと併用することで、さらにパワフルに求職者を引き寄せる効果が期待できます。

なぜなら、折り込みチラシやフリーペーパーで求人広告を見て関心をもったひとが次に取る行動は、どんな保育園なのか? どんな先生がいるのか? 雰囲気は?など、園の情報収集だからです。

そして、これからお話しする、たった2つのことをするだけで応募者をぐいぐいとあなたの保育園へ引き寄せることができるようになるのです。

 

スマホサイトを使って行う、たった2つのこと

さあ、いよいよスマホサイトを使って採用活動を始めるのですが、やるべきことはじつにシンプルでたったの2つだけです。でも、確実にやる必要があります、、、

 

あなたはだれを採用したいのか?

採用条件のことではありません。

あなたがどんなひとと一緒に働きたいのか?ということです。

あなたが就職を考えていて、いくつかの保育園を比べているときに面接を受けたい! と強く思うのはどんな保育園でしょうか?

保育方針が自分に合っている?

給料がよい?

家から近い? または、近すぎない?

園長が優しそう?

もちろん、それらも重要な要素ですが、おそらく、多くの人は自分を必要としてくれる保育園に強い関心をもつのではないでしょうか? たとえば、あなたに好意を寄せるひとには、あなたのほうでも関心をもつように、、、

「〇〇さん、あなたはまさにウチが求めている人材だ!一緒に働いてもらえませんか?」という気持ちやメッセージが伝わったら、悪い気はしないはずです。相手は「自分を必要としてくれる保育園はどんな園だろう?」と関心を強め、あなたの保育園を詳しく調べるはずです。そして、もっと詳しい話を聞くための問い合わせにつながります。もともと働きたいと考えていたのですから、お互いの関心が高まればどんどん距離は縮まっていきますよね?

たとえば、味噌ラーメンを食べたいと考えているひとに、ウチの店には美味しい味噌ラーメンがあるよ!といって呼び込むようなものです。もともと味噌ラーメンを食べたいと考えていたのですから、よほどのことがない限りは、そのラーメン屋に入って味噌ラーメンを注文してしまうのと同じです。

というわけで、あなたがスマホサイトを使ってやるべきことの一つ目は、どんなひとと一緒に働きたいのか?どんなひとに応募してほしいのか?どんなひとがあなたの現場で活躍できるのか?をはっきりさせることです。

これはペルソナ設定といい、マーケティングの世界では100年以上も前から行われ、必要とする見込み客を引き寄せるための第一歩とされています。(100年以上も行われてきた実績のあることからも、十分な効果があることがわかると思います、、、)

もう一度、確認します。

あなたがやるべきことの一つ目は、採用条件に合う人を募集するのではなく、つまり単なる労働力を集めるのではなく、あなたがどんなひとと一緒に働きたいのか、あなたが求めているパーソナルな像をはっきりさせることです。

 

あなたはどういうメッセージを届けたいのか?

やるべきことの二つ目は、どういうメッセージを届けたいかを決めていきます。

念のためですが、勤務時間や業務内容などの採用条件はメッセージではありません、、、

メッセージはあなたや保育園のストーリー(物語)ともいえます。

あなたはこんなふうに思ったことありませんか?

高校で学んだ英語はさっぱり忘れたのに、なんで子どもの頃に聞いた「桃太郎」や「浦島太郎」の物語はよく覚えているのだろう?と。

なぜか?

多くの専門家による、いろいろな裏付けがあるのですが、たとえば脳科学の専門家によれば、ひとは無意識化の脳内レベルでストーリーを欲求するのが原因とか、、、多くの専門家の結論をシンプルに言ってしまうと、理屈抜きに、ひとはストーリー(物語)が大好きだ!ということです。

ひとは自分の経験から、ストーリーに感情を揺さぶられ、記憶にも残りやすいようです。

つまり、あなたが伝えるべきなのは園の沿革や保育理念ではなく、(もちろん、沿革や理念は大事ですよ!)、仕事を探している保育士さんがあなたの保育園で働く姿をイメージできるようなストーリーです。

たとえば、園児は私の苦手な虫やとかげに夢中。見せにくるたびビビりながらも、園児と一緒に泥だらけになって育てた野菜の味は一生忘れられない!とか、

クリスマス発表会の出し物で先生チームは連日遅くまで残って準備したのに、本番では私だけ見事にコケてしまい、頭が真っ白になった。そんな私を見て園児も保護者も大爆笑!すっごく恥ずかしかったけど、いまではそれがホントに忘れられない宝物のような思い出になった!とか。

現場の保育士さんって、こんな話に共感し、ワクワクするんじゃないでしょうか?

共感し、ワクワクしているのはストーリーのに感情移入ができている証拠です。つまり、仕事を探している保育士さんに向けて、ウチの園で一緒に働くとこんな感じよ!と自分の姿を重ねてイメージしてもらえるのです。

 

ちなみに写真を載せて、ストーリーを添えることで強い説得力を作ることができます。

スマホで発信するメリットのひとつは、情報量の制限がないところですね。紙媒体では、紙面の都合もあるのでこうはいきません。折り込みチラシやフリーペーパーなどの求人広告も、ホント、単なる採用条件しか伝えられませんしね、、、

ついでにいうと、広告代理店は広告枠を買ってもらうのが仕事で、求人広告で採用を増やすのは仕事ではありません。広告代理店が何人採用できたかに関心を寄せるのは、自分のところの広告枠を買ってもらうための営業トークを磨くためなのです。

だから、保育士さんを採用するためには、あなたが強いストーリーを発信する必要があるのです。

 

だれに、どういうストーリーを伝えるのかが決まれば、それをスマホサイトから発信するだけです。

たとえば、あなたの園が自然に囲まれた保育園で、元気いっぱいの25歳・女性保育士さんの応募を増やしたければ、そのひとが共感して、ワクワクしてもらえるようなストーリーを発信する、という具合に。

 

まとめ

いかがでしたか?

あなたが必要とする求人にたいして、このたった2つのことを正確に、確実にできるのはあなたの保育園だけで、ほかでは真似ができません。なぜなら、あなたの園のことはあなたが一番よく知っているからです。つまり、一番強いのはオリジナルということです。

そして、求人広告を出しているライバル園のスマホサイトを見て下さい。このことに気づき、取り組んでいる現場はまだまだ少数です。つまり、早く取り組めば取り組むほどライバル園よりも早く、多くの応募を引き寄せることができるということです。

ちなみに、ストーリーが保護者の共感を呼ぶことも多いようです。園での子どもの様子が分かりやすく伝わってきて楽しい! とか。

インターネット上に写真付き保育日誌を載せる感覚で、園での活動内容をいろんなひとに発信できて、それが感謝されて、あなたの保育園で働きたいという保育士さんがどんどん集まってくるとしたら、なんかワクワクしてきませんか?

 

まずは、試してみて下さい。

スマホサイトを使って、たった2つのことをするだけで保育士をガツンと採用する方法を!

 

 

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

正直、インターネットを使えば、ほとんどコストをかけずに集客することが可能になります。これは紛れもない事実です。

しかし、多くの人は本業であれ副業であれ、インターネットを自分のビジネスに活用することができていません。

それは一体、なぜでしょうか?

それは、インターネットを使って集客をする”ちょっとしたコツ”を知らないからです。

インターネット集客には”ちょっとしたコツ”があります。多くの人たちは、この”ちょっとしたコツ”を知らないがために、中途半端なことを繰り返し、時間とお金と労力を浪費してしまっているのです。

このレポートでは、この”ちょっとしたコツ”を紹介するとともに、インターネットで集客することのプロのノウハウ(頭の中)を公開します。

このレポートに書かれている知識を知り、それをあなたのビジネスに応用することで、あなたは24時間365日、あなたの代わりに働き続けてくれる自動集客マシーンと呼べるものを手に入れることができるようになるでしょう。