ネット集客ならPRナビ。もう1人、自分がいたらいいのに・・・。「社長と分身」となるホームページを低コストで作る方法

  1. 集客ブログの書き方
  2. 5309 view

【集客ブログの書き方】筋トレで書く

【集客ブログの書き方】筋トレで書く

慣れないブログを書くのは大変ですよね。

でも、頑張って書き続けましょう。ブログは筋トレと同じです。続けることでブログを書く力が強くなります。

ブログに必要なのは書く習慣であって、センスや才能ではありません。

「上手く書けない」

ブログ初心者にありがちな最初のつまずきは、「上手く書けない」です。

でも、それって当たり前ですよね? 「上手く書けない」のは初心者だから。つまり、書き慣れていないから。

だれでも最初から上手く書ける人はいません。ヘタな文章でもどんどん書きまくれば、書くことに慣れていきます。

「書く才能がないから」

これも間違いです。

あなたの書きたいのが「ノルウェイの森」のような純文学とか、「ハリーポッター」みたいなファンタジーであればセンスや才能は絶対に必要です。創造力や表現力がないと読む人を感動させるストーリーは作れません。

でも、あなたの書くのがブログであればセンスも才能も必要ありません。なぜなら、ブログは事実にもとづいて文章を組み立てる作業だからです。密室トリックやどんでん返しの展開を考える必要もありません。

作業であれば、繰り返すことで作業スピードも上がっていくし、完成物の仕上がりも良くなります。

ブログは筋トレ

ブログを書くのは筋トレと同じです。

始めは重くて上がらなかったダンベルも、今の自分が挙げられるよりも少しずつ負荷を上げて挑み続けることで筋力がつき、上げられるようになります。継続することで筋力もアップするし、サボれば力は落ちていきます。

ブログも同じで継続することが欠かせません。下手でも書くことに挑み続けることで、書く力が強くなっていくのです。

ブログを習慣にする

1日10分でも15分でもいいので、毎日書いて下さい。

「習慣化」の大切さは、古今東西さまざまなところで言われ続けていますよね。

ブログを書くのも同じなんです。

最初からブログを上手く書ける人はいません。上手く書きたかったら、とにかくブログを書くことです。あなたの生活の一部として毎日、10分でも15分でもいいので書いて下さい。

くさん書かずに、書く回数を増やす

プロのライターは必ず毎日、なんらかの形でモノを書いています。筋力と同じで習慣的に、毎日書かないと書く力が落ちるのを知っているからです。

もし、あなたに本業があって普段はあまりブログを書く時間が無いんだとしても、少しずつでも毎日書くことをおススメします。週末に丸一日、時間を取ってまとめて書くよりも、毎日10分でも書くほうが力がつきます。

まとめ

ブログは筋トレ。書くのも筋肉も同じです。必要なのは書く習慣であって、センスや才能ではありません。

最初から上手く書ける人はいません。大変でも、とにかく書いて習慣にすること。習慣になればどんどん書けるようになりますよ。

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

「もったいないよ!」

そんな怒りにも似た気持ちで、私はこのレポートを書きました。

いつも思うのは、 「インターネットを使えばもっと簡単にできるのに」ということ。

事実、見込み客だけでなく取引先や従業員まで、あなたのビジネスに関係 するすべての人をもっと簡単に集めることができます。それもあまりお金 をかけずに、です。

インターネットを使えば資金力のある大企業とだって戦えます。

というよりも、インターネットを使わないと勝負になりません。 潤沢な資金のある大企業があなたのテリトリーに攻め込んできら、まず 太刀打ちできないでしょう。

集客ブログの書き方の最近記事

  1. 【集客ブログの書き方】説明文ではなく「濃い体験」を書く

  2. 【集客ブログの書き方】結論や要点、記事のテーマを先に書く

  3. 【集客ブログの書き方】文末表現のルールを守る

  4. ブログ記事やメルマガのネタに困らないライティングのコツ

  5. 【集客ブログの書き方】三段論法で説得力を持たせる

関連記事

PAGE TOP