Googleがウェブマスター向け公式ブログでページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを発表しました。

この発表が、私たちのウェブサイトに与える影響をお話します。

モバイル検索も表示速度がランキングの評価項目になる

読み込み速度はこれまでもランキング シグナルとして使用されていましたが、それはデスクトップ検索を対象としていました。 そこで 2018 年 7 月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを本日みなさんにお伝えしたいと思います。

引用:Google ウェブマスター向け公式ブログより

以前からデスクトップ向けの検索結果のランキングシグナルでは、Webページの表示速度が評価項目として使われていたのですが、2018年7月からページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用されるそうです。

 

私たちのウェブサイトへの影響は?

この ”Speed Update” (と私たちは呼んでいます)は、ユーザーに本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響し、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しません。 そのページがどのような技術を用いて制作されたかに関係なく、すべてのページに同じ基準を適用します。 検索意図は依然として非常に強いシグナルですので、魅力的で検索クエリと関連性の高いコンテンツは、ページの読み込み速度が遅くても高い順位に掲載される場合もあります。

引用:Google ウェブマスター向け公式ブログより

今回の発表を見る限りでは、影響を受けるウェブサイトはごくわずかです。明らかに分かるくらい表示速度が遅いウェブサイトが影響を受けるそうですが、あなたのサイトは大丈夫ですか?

やはり、最も重要なのはコンテンツ

検索意図は依然として非常に強いシグナルですので、魅力的で検索クエリと関連性の高いコンテンツは、ページの読み込み速度が遅くても高い順位に掲載される場合もあります。

引用:Google ウェブマスター向け公式ブログより

検索意図とコンテンツが一致しているか、これがランキング評価の基本姿勢です。検索ユーザーの求めているものを理解して、それに120%応えているコンテンツ。これが最も重要です。

ページの表示速度をチェックする?

ウェブマスター向け公式ブログからページの表示速度をチェックするリソースが3か所、紹介されています。

明らかに遅いと感じられるページでなければ心配いりませんが、気になる方は試してみるといいでしょう。

Chrome のユーザー エクスペリエンス レポート

Lighthouse

PageSpeed Insights

まとめ

あなたのサイトはどうでしたか?

明らかに表示速度が遅いのでなければ心配いりません。やはり大事なのは、検索ユーザーの立場になって役に立つコンテンツを発信することですね。

 

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

正直、インターネットを使えば、ほとんどコストをかけずに集客することが可能になります。これは紛れもない事実です。

しかし、多くの人は本業であれ副業であれ、インターネットを自分のビジネスに活用することができていません。

それは一体、なぜでしょうか?

それは、インターネットを使って集客をする”ちょっとしたコツ”を知らないからです。

インターネット集客には”ちょっとしたコツ”があります。多くの人たちは、この”ちょっとしたコツ”を知らないがために、中途半端なことを繰り返し、時間とお金と労力を浪費してしまっているのです。

このレポートでは、この”ちょっとしたコツ”を紹介するとともに、インターネットで集客することのプロのノウハウ(頭の中)を公開します。

このレポートに書かれている知識を知り、それをあなたのビジネスに応用することで、あなたは24時間365日、あなたの代わりに働き続けてくれる自動集客マシーンと呼べるものを手に入れることができるようになるでしょう。