ネット集客ならPRナビ。もう1人、自分がいたらいいのに・・・。「社長と分身」となるホームページを低コストで作る方法

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)
  2. 2864 view

【SEOニュース】Googleのモバイル検索のページ表示速度がランキング評価に追加!

SEO google-up-date-search-quality

Googleがウェブマスター向け公式ブログでページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを発表しました。

この発表が、私たちのウェブサイトに与える影響をお話します。

モバイル検索も表示速度がランキングの評価項目になる

読み込み速度はこれまでもランキング シグナルとして使用されていましたが、それはデスクトップ検索を対象としていました。 そこで 2018 年 7 月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを本日みなさんにお伝えしたいと思います。

引用:Google ウェブマスター向け公式ブログより

以前からデスクトップ向けの検索結果のランキングシグナルでは、Webページの表示速度が評価項目として使われていたのですが、2018年7月からページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用されるそうです。

 

私たちのウェブサイトへの影響は?

この ”Speed Update” (と私たちは呼んでいます)は、ユーザーに本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響し、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しません。 そのページがどのような技術を用いて制作されたかに関係なく、すべてのページに同じ基準を適用します。 検索意図は依然として非常に強いシグナルですので、魅力的で検索クエリと関連性の高いコンテンツは、ページの読み込み速度が遅くても高い順位に掲載される場合もあります。

引用:Google ウェブマスター向け公式ブログより

今回の発表を見る限りでは、影響を受けるウェブサイトはごくわずかです。明らかに分かるくらい表示速度が遅いウェブサイトが影響を受けるそうですが、あなたのサイトは大丈夫ですか?

やはり、最も重要なのはコンテンツ

検索意図は依然として非常に強いシグナルですので、魅力的で検索クエリと関連性の高いコンテンツは、ページの読み込み速度が遅くても高い順位に掲載される場合もあります。

引用:Google ウェブマスター向け公式ブログより

検索意図とコンテンツが一致しているか、これがランキング評価の基本姿勢です。検索ユーザーの求めているものを理解して、それに120%応えているコンテンツ。これが最も重要です。

ページの表示速度をチェックする?

ウェブマスター向け公式ブログからページの表示速度をチェックするリソースが3か所、紹介されています。

明らかに遅いと感じられるページでなければ心配いりませんが、気になる方は試してみるといいでしょう。

Chrome のユーザー エクスペリエンス レポート

Lighthouse

PageSpeed Insights

まとめ

あなたのサイトはどうでしたか?

明らかに表示速度が遅いのでなければ心配いりません。やはり大事なのは、検索ユーザーの立場になって役に立つコンテンツを発信することですね。

 

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

「もったいないよ!」

そんな怒りにも似た気持ちで、私はこのレポートを書きました。

いつも思うのは、 「インターネットを使えばもっと簡単にできるのに」ということ。

事実、見込み客だけでなく取引先や従業員まで、あなたのビジネスに関係 するすべての人をもっと簡単に集めることができます。それもあまりお金 をかけずに、です。

インターネットを使えば資金力のある大企業とだって戦えます。

というよりも、インターネットを使わないと勝負になりません。 潤沢な資金のある大企業があなたのテリトリーに攻め込んできら、まず 太刀打ちできないでしょう。

SEO対策(検索エンジン最適化)の最近記事

  1. 見出しタグの使い方。SEOで正しい設置方法と注意点

  2. 検索クエリとキーワードとの違い。なぜSEOもリスティング広告も検索意図の理解が必要なのか?…

  3. SEOに効果的な見出し(タイトル・ヘッドライン)を作る5つのルール

  4. SEOの共食いリスク。カニバライゼーションで注意する2つのケースとは?

  5. 【SEOニュース】Google「求人検索」の日本導入はいつ? 対策や準備には何が必要?

関連記事

PAGE TOP