ネット集客ならPRナビ。もう1人、自分がいたらいいのに・・・。「社長と分身」となるホームページを低コストで作る方法

  1. SEO対策(検索エンジン最適化)
  2. 1960 view

Google検索がアルゴリズム変更、狙いは「日本語検索」の改善

Google検索がアルゴリズム変更、狙いは日本語検索の改善

コンテンツ重視で取り組んできた人には朗報です。

Google検索がアルゴリズム変更で「日本語検索」の改善を!

2017年2月3日に、Google ウェブマスター向け公式ブログで発表がありましたが、Googleが極めて異例の「日本語検索」を対象としたアルゴリズムの変更を行いました。

今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります

ピンときた方も多いと思います。

理由はもちろん、2016年後半に世間を騒がせたDeNAの『WELQ』事件を受けてです。

『WELQ』事件を発端に、キュレーションサイト全体が大きく見直しの時期に入ったと思います。「上位表示されている情報なのに、間違った内容やほかのウェブサイトからのコピペが多い」といったクレームも多く、検索エンジンを提供しているGoogleへの批判にもつながっていました。

検索エンジンの信頼性が大きく損なわれるとして、Googleは内容の薄いコンテンツページをもつウェブサイトの検索順位をすでに下げ始めています。いくつかのキュレーションサイトでは影響を受けていることも確認されてました。あるサイトは検索順位を大きく下げています。圏外に飛ばされたサイトもあります。

検索順位を下げられるサイトとは?

実際にどのようなサイトが検索順位を下げられているのでしょうか?

具体的に言うと、検索エンジンを攻略するために、

  • タイトルや内容に、不自然にキーワードを詰め込んでいる
  • コピペなど、他のサイトから情報を転用しただけで内容を構成している
  • 情報が薄い、情報の根拠や信頼性が無い

上記に当てはまるすべてのサイトが対象になります。

変更後のコンテンツ制作や記事投稿の注意点

これまでコンテンツ重視でサイト運営してきた人はまったく心配いりません。

それどころか、検索エンジンを攻略するだけのテクニックを使うサイトの順位が下がれば、相対的にあなたのサイトの順位が上がりますので、今回の変更は大いに歓迎すべきことだと思います。

念のために申し上げると、検索エンジンに評価されて検索結果に上位表示されるには、

  • 検索ユーザーに有益な情報である
  • 情報には専門性とオリジナリティがある

が、とくに重要です。

検索者の悩みを解決する、あなたのサイトでしか得られない情報や視点があると検索順位は上がります。

まとめ

Google検索がアルゴリズムを変更し、「日本語検索」の改善を狙います。

今回の変更はコンテンツ重視で取り組んできた人には朗報です。

「ユーザーに有用で信頼できる情報を提供すること」がGoogleの検索エンジンの狙いであり、結局は、検索者の評価がGoogleの評価になるので、検索上位表示されるようになりますから。

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

「もったいないよ!」

そんな怒りにも似た気持ちで、私はこのレポートを書きました。

いつも思うのは、 「インターネットを使えばもっと簡単にできるのに」ということ。

事実、見込み客だけでなく取引先や従業員まで、あなたのビジネスに関係 するすべての人をもっと簡単に集めることができます。それもあまりお金 をかけずに、です。

インターネットを使えば資金力のある大企業とだって戦えます。

というよりも、インターネットを使わないと勝負になりません。 潤沢な資金のある大企業があなたのテリトリーに攻め込んできら、まず 太刀打ちできないでしょう。

SEO対策(検索エンジン最適化)の最近記事

  1. 見出しタグの使い方。SEOで正しい設置方法と注意点

  2. 検索クエリとキーワードとの違い。なぜSEOもリスティング広告も検索意図の理解が必要なのか?…

  3. SEOに効果的な見出し(タイトル・ヘッドライン)を作る5つのルール

  4. SEOの共食いリスク。カニバライゼーションで注意する2つのケースとは?

  5. 【SEOニュース】Google「求人検索」の日本導入はいつ? 対策や準備には何が必要?

関連記事

PAGE TOP