Google検索がアルゴリズム変更、狙いは日本語検索の改善

1
245

コンテンツ重視で取り組まれてこられた方には朗報です。

 

2017年2月3日に、Google ウェブマスター向け公式ブログで発表がありましたが、Googleが極めて異例の「日本語検索」を対象としたアルゴリズムの変更を敢行しました。

今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります

理由はそう、2016年後半に世間を騒がせたDeNAの『WELQ』事件を受けてです。

『WELQ』事件を発端に、キュレーションサイト全体が大きく見直しの時期に入ったと思います。「検索上位表示されるのに、信頼性を欠く情報やほかのウェブサイトからのコピペが多い」といった批判も多く、検索エンジンを提供しているGoogleへの批判にもつながっていました。

「ユーザーに有用で信頼できる情報を提供すること」、つまりウェブサイトの信頼性が大きく損なわれることを大きく問題視して、Googleは内容の薄いコンテンツページをもつウェブサイトの検索順位をすでに下げ始めています。そして、いくつかのキュレーションサイトも影響を受けていることが確認されています。

検索順位を下げられるサイトとは?

具体的にいうと、検索上位表示を攻略するために、

・不自然にキーワードを詰め込んだタイトルや内容である

・他のサイトからの情報を転用しただけで構成された内容である

・情報が薄い、情報の根拠や信頼性が無い

現時点で私たちが確認しているのは大手のキュレーションサイトのみですが、上記に当てはまるすべてのサイトが対象になります。

今後のコンテンツ制作や記事投稿での注意点

これまでコンテンツ重視でサイト運営されてきた方には、とくに心配することはありません。

それどころか、検索エンジンを攻略するだけのテクニックを使うサイトの順位が下がれば、相対的にあなたのサイトの順位が上がりますので、今回の変更は大いに歓迎すべきことだと思います。

念のために申し上げると、

・検索者に有益な情報をしっかりと発信すること

・情報には専門性とオリジナリティがあること

が、重要です。

 

検索者の悩みを解決する、あなたのサイトでしか得られない情報や視点があると検索順位は上がります。

 

繰り返しになりますが、「ユーザーに有用で信頼できる情報を提供すること」がGoogleの検索エンジンの狙いであり、Googleの利益につながります。

結局は、検索者の評価がGoogleの評価につながり、検索上位表示につながるのですから!

 

【無料レポート】リストブランディングの教科書

今月も売り上げが増えなかったな、、、(今は大丈夫かもしれないけど、今いるお客さんが離れてしまったらどうしよう、、、)

この無料レポート「リストブランディングの教科書」はどのようにして、いつもあなたの頭から離れることのない「集客に関する悩みの種」を永遠に消し去るきっかけとなってくれるのか?

祈るだけの毎日は今日、この瞬間に終わりにしませんか?

これから、屁理屈なしの具体的で現実的な集客方法をお伝えします。

Comments are closed.