今回の「SMX West 2017」(3月21日から23日にかけて、米国カリフォルニア州サンノゼで開催された検索マーケティングの会合)で、Google Webmaster Trend AnalystのGary Illyes(ゲイリー・イリーズ)氏がモバイルファーストインデックス(Mobile First Index)について語ったなかで、とくに重要と思われる、二つのことを取り上げたいと思います。

モバイルファーストインデックスのローンチ時期について

モバイルファーストインデックスのローンチ時期はまだ未定だが、Googleとしては年内にリリースしたいということ。

つまり、時期は未定であるものの、年内にはリリースの意向があるので、ある意味ではSEO(検索エンジン最適化)でスマホの仕組みを整えなければならない締め切りが定まったということです。

モバイルファーストインデックスの方向自体、ずいぶん前からGoogleが掲げている決定事項であり、とくに真新しい情報ではないので、今回の内容では少しだけ締め切りを意識するくらいですが。

 

モバイルページの発見について

Googleの検索エンジンにインデックスされる仕組みとして、ウェブページに記述されたリンクをたどりながら新しいURLを発見していくことが挙げられます。

これが、モバイル版においてはデスクトップに比べて技術的な制約が多くあるので、モバイルページにたどり着くまでのリンク数が増えることが考えられます。

要するに、スマホはとくにXMLサイトマップをしっかり整えないとインデックスされづらい(インデックスされない)ということです。

XMLサイトマップとは、クローラー(検索エンジンの巡回ロボット)に向けてウェブサイトの全体像を把握してもらうために準備するファイルですが、クローラーがページを認識して、はじめてインデックスされます。

ユーザーが検索する前に、まずGoogleにインデックスされる(ページを認識してもらう)必要があるのです。インデックスされないと、そもそもGoogleのなかでそのページは存在しないので、検索しても表示されないということになります。

 

ごく基本的なことですが、あなたのページがクローラーに巡回される方法は三つあります。

1.XMLサイトマップをアップロードしてSearch Consoleに登録する

2.検索エンジンに巡回をリクエストする

3.ほかのページからのリンクをたどってくる

 

ここでは、1.のXMLサイトマップの重要性を語っています。

 

モバイルファーストインデックスの準備でするべきこと

今回の会合でゲイリー・イリーズ氏は、ほかにもいくつか語っているのですが、この2点がとくに重要でした。

ですが、やるべきことは今までと変わらず、ユーザーにとって価値ある情報の発信を第一に考え、何を発信するかをGoogleにも分かりやすく伝えるだけです。

 

 

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

正直、インターネットを使えば、ほとんどコストをかけずに集客することが可能になります。これは紛れもない事実です。

しかし、多くの人は本業であれ副業であれ、インターネットを自分のビジネスに活用することができていません。

それは一体、なぜでしょうか?

それは、インターネットを使って集客をする”ちょっとしたコツ”を知らないからです。

インターネット集客には”ちょっとしたコツ”があります。多くの人たちは、この”ちょっとしたコツ”を知らないがために、中途半端なことを繰り返し、時間とお金と労力を浪費してしまっているのです。

このレポートでは、この”ちょっとしたコツ”を紹介するとともに、インターネットで集客することのプロのノウハウ(頭の中)を公開します。

このレポートに書かれている知識を知り、それをあなたのビジネスに応用することで、あなたは24時間365日、あなたの代わりに働き続けてくれる自動集客マシーンと呼べるものを手に入れることができるようになるでしょう。