「えっ、トロンボーン?」

「なぜ?」

娘が入ったのは音クラ。(音楽クラブ、略してオンクラ。つまり吹奏楽ですね)

4年生になったら学校での活動の幅が広がって部活を始めました。

その音クラで先日、担当する楽器の発表があって、娘はトロンボーンを吹くことになったようです。

3年生の終わりごろから音クラに入ろうかどうしようか、入ったらトランペットをやりたい、なんて言っていたのですが、夢の半分はかなわず、、、

そこで思ったのが冒頭の、

「えっ、トロンボーン?」

「なぜ?」

というのも、トロンボーンって、背の高い男子がやるイメージがありませんか?

クラスの中で背の順に並んだら、娘は真ん中より少し前くらい。

だから、

「えっ? リーチ足りてるの? 出せない音があるんじゃない?」

「だったらトランペットのほうが合ってるんじゃないの?」

って思ったわけです。

トロンボーンはカッコいい

誤解しないでほしいのですが、私はトロンボーン好きですよ。体全体を使って演奏するなんて、動きの派手さもあって、カッコいいじゃないですか。(もちろん、どの楽器も体全体を使って演奏するし、イイとは思いますが、、)

動物に例えるなら、キリン。私、キリン好きなんですよ。ライオンや象も好きだけど、あの長い手足を使って歩く姿のりりしいこと。それにキリンって、時速60キロで走るんですよ。(車と同じくらいのスピードで走るなんて、ちょっとびっくりですよね) さらに、長い首を伸ばして高いところの葉っぱをムシャムシャ食べるところなんて、たまらなく凛々しい。

トロンボーンも大きいというよりは長いという楽器。腕を目いっぱい伸ばして音を出すところなんか、まさに高いところの葉っぱを食べるキリン。パレードのトロンボーンはサバンナを闊歩するキリンそのもの。

きりん(Giraffe)

だから私、金管楽器の中ではトロンボーンが大好きです。

でもトロンボーンは長い。(キリンだって、長い)

リーチが足りるのかな? 腕を目いっぱい伸ばしても出せない音があるんじゃないか?  と思ったわけです。

でも、これって、、ひょっとすると、、

トロンボーンは娘の強み?

ひょっとすると、娘は先生に強みを見出してもらったってこと?

ふと、そう思ったのです。

つまり、先生は娘に好きなことではなく、強みを活かせるようなことをやらせようとしたのでは? トロンボーンは娘の適正? トロンボーンは娘の特技?(生徒たちに希望をヒヤリングしたわけでもないので、先生にとっては娘に好きなことをやらせないわけではないのですが、、)

初めての金管楽器なので娘にとっては強みでも、適正でも、特技でもないのですが、先生から見たら娘には合っているのはトロンボーンだったのでしょう。

やりたかったのはトランペット、でも選ばれたのはトロンボーン。

これって、、、ビジネスも同じですよね?

強みで勝負する

たとえば、野球が好きな人は多いと思います。

でも、全員がピッチャーで4番というわけにはいかないですよね? 守備の役割があって、バッティングの役割がある。足が速い人もいればパワーがある人もいる。チームの中で求められる役割を果たせることが大事。本人の希望もあるけれど、最終的には強いチームを作ろうとする監督の判断しだい。

もっと言えば、高校球児が全員、プロとして野球でメシを食っていけるわけではありません。どんなに野球に青春をささげても、プロになれるのは限られた人のみ。そこからさらに活躍できるのはほんのわずかな人ですよね?

好きなこととそれを専門にできるか、職業にできるかどうかは別の話。

バスケットボールの神様と言われたマイケル・ジョーダンだって野球に転向したら散々な結果に終わっています。あれほどの身体能力を持っていても、得意でない自分のフィールドで活躍するのは非常に難しかった、、、

それはビジネスにおいても同じ。戦うなら自分の得意なフィールドで勝負したほうがいいですよね。

あなたの強みと活かせるフィールドで勝負すること

彼を知り、己を知れば、百戦して殆(あや)うからず

あなたも聞いたことがあると思います。

自分の強みを理解して、相手のことを理解すれば百戦して百勝するという、孫子の言葉です。

このほかにも、ビジネスにおいては

  • 自分の強みを知れば、相手を知らなくても百戦して半分くらいは勝てる
  • 自分の強みを知らず、相手を知れば百戦しても半分くらいは負けない
  • 自分の強みを知らず、相手を知らなければ百戦して百敗する

なんて言われています。

娘の場合、強みを活かせる楽器がトロンボーンだったということ。自分の強みを知ってトロンボーンを頑張れば、きっとすごいトロンボーン奏者になるんでしょうね。

娘の強みを見出してくださった先生に感謝です。

あなたは自分の強みを活かしてビジネスをしていますか?

—―葛西義弘

 

追伸。

最初は微妙だったみたいですが、今ではすっかりその気になって、早起きして朝練に行っています。(娘には大人の話術でその気になってもらいました(笑))

 

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

正直、インターネットを使えば、ほとんどコストをかけずに集客することが可能になります。これは紛れもない事実です。

しかし、多くの人は本業であれ副業であれ、インターネットを自分のビジネスに活用することができていません。

それは一体、なぜでしょうか?

それは、インターネットを使って集客をする”ちょっとしたコツ”を知らないからです。

インターネット集客には”ちょっとしたコツ”があります。多くの人たちは、この”ちょっとしたコツ”を知らないがために、中途半端なことを繰り返し、時間とお金と労力を浪費してしまっているのです。

このレポートでは、この”ちょっとしたコツ”を紹介するとともに、インターネットで集客することのプロのノウハウ(頭の中)を公開します。

このレポートに書かれている知識を知り、それをあなたのビジネスに応用することで、あなたは24時間365日、あなたの代わりに働き続けてくれる自動集客マシーンと呼べるものを手に入れることができるようになるでしょう。