ネット集客ならPRナビ。もう1人、自分がいたらいいのに・・・。「社長と分身」となるホームページを低コストで作る方法

  1. 集客ブログの書き方
  2. 5238 view

【集客ブログの書き方】心に刺さる記事を書く

波風を立てない記事はファンを作れません。

とくに、あなたが個人事業主やスモールビジネスを手掛けていて、ファンを集めたいと考えているのであれば要注意です。

みんなと同じことを言うのであれば、あなたも大勢のひとりにすぎません。と、いうことはあなたの記事を読む必要性に迫られないのです。(有名人がブログやTwitterをするのとは状況が違うのです)

きれいなフレーズや上手にまとめた文章など、世の中ごまんと溢れています。ありきたりの記事ではひとの心を動かせません。

主張するのであれば独創的な意見とその根拠を示しましょう。

ファンの多い人は、アンチファンも多いものです。

とにかく、大勢のひとに関心を持ってもらえるようにしましょう。

たとえば、米国大統領のドナルド・トランプ氏は常に多くの人に関心を持たれ、その動向はメディアを通じて世界中に拡散されています。じつに、多くのひとを巻き込んでいます。

どんどん心に刺さる記事を書いて、存在感を示しましょう!

 

*特定の個人攻撃はしないなど、マナーは守りましょう。

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

「もったいないよ!」

そんな怒りにも似た気持ちで、私はこのレポートを書きました。

いつも思うのは、 「インターネットを使えばもっと簡単にできるのに」ということ。

事実、見込み客だけでなく取引先や従業員まで、あなたのビジネスに関係 するすべての人をもっと簡単に集めることができます。それもあまりお金 をかけずに、です。

インターネットを使えば資金力のある大企業とだって戦えます。

というよりも、インターネットを使わないと勝負になりません。 潤沢な資金のある大企業があなたのテリトリーに攻め込んできら、まず 太刀打ちできないでしょう。

集客ブログの書き方の最近記事

  1. 【集客ブログの書き方】説明文ではなく「濃い体験」を書く

  2. 【集客ブログの書き方】結論や要点、記事のテーマを先に書く

  3. 【集客ブログの書き方】文末表現のルールを守る

  4. ブログ記事やメルマガのネタに困らないライティングのコツ

  5. 【集客ブログの書き方】三段論法で説得力を持たせる

関連記事

PAGE TOP