心に刺さる記事を書く

0
290

波風を立てない記事はファンを作れません。

とくに、あなたが個人事業主やスモールビジネスを手掛けていて、ファンを集めたいと考えているのであれば要注意です。

 

みんなと同じことを言うのであれば、あなたも大勢のひとりにすぎません。と、いうことはあなたの記事を読む必要性に迫られないのです。(有名人がブログやTwitterをするのとは状況が違うのです)

 

きれいなフレーズや上手にまとめた文章など、世の中ごまんと溢れています。ありきたりの記事ではひとの心を動かせません。

主張するのであれば独創的な意見とその根拠を示しましょう。

 

ファンの多い人は、アンチファンも多いものです。

とにかく、大勢のひとに関心を持ってもらえるようにしましょう。

たとえば、米国大統領のドナルド・トランプ氏は常に多くの人に関心を持たれ、その動向はメディアを通じて世界中に拡散されています。じつに、多くのひとを巻き込んでいます。

 

どんどん心に刺さる記事を書いて、存在感を示しましょう!

 

*特定の個人攻撃はしないなど、マナーは守りましょう。

 

【無料レポート】リストブランディングの教科書

今月も売り上げが増えなかったな、、、(今は大丈夫かもしれないけど、今いるお客さんが離れてしまったらどうしよう、、、)

この無料レポート「リストブランディングの教科書」はどのようにして、いつもあなたの頭から離れることのない「集客に関する悩みの種」を永遠に消し去るきっかけとなってくれるのか?

祈るだけの毎日は今日、この瞬間に終わりにしませんか?

これから、屁理屈なしの具体的で現実的な集客方法をお伝えします。