あなたはセールスライターという職業を知っていましたか?

最近では、セールスライターがLP(ランディングページ)制作以外でも必要とされるケースが増えてきました。じつは、私たちの制作するホームページ(集客ブログ)でもセールスライターが欠かせません。

なぜ、こんなにもセールスライターのニーズが高まってきたのでしょうか?

そもそもセールスライターって、なに?

家のポストを見ると、たくさんのチラシやダイレクトメールが入っていませんか?

新聞を見て下さい。記事のないスペースはすべて広告で埋め尽くされていますよね?

あなたのメール受信箱は、毎日届く、たくさんのメルマガで溢れかえっていませんか?

これらは何のためにあるのでしょうか?

 

・・・そう、何か商品やサービスを販売するため、です。

簡単にいうと、セールスライターは何か商品やサービスを販売するためのメッセージを作る人のことです。チラシやダイレクトメール、新聞に掲載する広告やメルマガでの販売活動、営業マンのセールストークの原稿なんかも作ったりします。見込み客に行動を促し、購入につながるメッセージを作ります。

とくに、商品やサービスを手に取ることのできないインターネットではメッセージの強さ=販売力です。言い換えればメッセージの強さ=売上になります。売上のためにどれだけ強いメッセージを作れるかが注目され、専門職であるセールスライターがインターネットの世界でも求められるようになったのです。

 

なぜ、セールスライターがホームページ(集客ブログ)に欠かせないの?

ひと昔前は「ホームページを作るだけで売上が上がる」なんてことが言われていて、多くの企業がホームページを作りました。それだけで商品やサービスの宣伝につながり、実際に売れました、、、(今じゃ信じられませんよね?) でも、そんな時代も終わってしまったのです。

なぜなら、今やほとんどの企業や、個人ですらホームページをもつようになり、その大半がだれにも見られることなく埋もれてしまうからです。そのため、今はホームページをもつだけでなく、見込み客をホームページに引き寄せ、その内容(記事やコンテンツ)に満足してもらい、購入につなげる仕掛けづくりが欠かせなくなったのです。業種によっては、購入ではなく問い合わせ資料請求かもしれません。でも、本質は行動を促すことで変わりがありません。

そして、間違いないのは引き寄せ(集客)から購入までの一連の流れにセールスライターが関わり、専門的な知識やスキルを使ったほうが成果につながるということです。たとえば、お金や税金関係で悩んだ時は税理士に相談しますよね? 法律関係なら弁護士に相談するでしょう。それと同じです。

 

ホームページ(集客ブログ)制作にセールスライターが果たす2つの役割

具体的に、ホームページ(集客ブログ)制作でセールスライターが果たす役割は大きく分けて二つあります。

ひとつは見込み客をホームページ(集客ブログ)に引き寄せること。(記事やコンテンツに満足してもらうことも同じ) それと、もうひとつは引き寄せられた見込み客を購入につなげること、です。

 

セールスライティングで作る記事(コンテンツ)が見込み客を引き寄せる

まず、見込み客をホームページ(集客ブログ)に引き寄せなければいけません。どんなに商品やサービスに自信があっても、見込み客に存在感を示さなければ、ライバル達のホームページに埋もれてしまい、あなたの価値が伝わりません。つまり、売れないということです。

そのため、ホームページ(集客ブログ)を使った集客にはSEO(検索エンジン最適化)が不可欠のは言うまでもありません。ページ(記事やコンテンツ)はすべてがホームページ(集客ブログ)の入り口になり得るので、SEOされているページが多ければ多いほど有利になります。だって、見込み客があなたのホームページ(集客ブログ)を訪れるのにひとつの入り口よりも100の入り口があったほうが多くのひとが入りやすいですよね?

注)PPC広告でLP(ランディングページ)にアクセスを集めるやり方もありますが、広告を出し続けなくてはいけなかったり、販売粗利率を下げる原因となる有料広告は中長期的な戦略としてはおススメできません。初期段階での認知度向上やイベントなどの目的をもって短期集中するのはアリですが。。。

注)コンテンツSEOなる言葉が一般的になってきた現在では、インターネットで検索上位表示されるページはユーザーにとって価値ある、Googleが評価するページとの認識も広まっていて、有料広告には目もくれない検索ユーザーも増えてきました。あなたは検索結果に出てくる有料広告をどのくらいクリックしますか?

たとえば、あなたが自分のホームページにSEOが必要だと考えていたとします。「どこよりもSEOに強いです」と謳っている業者が自然検索ではまったく存在感を示せず、集客を有料広告に頼っているとしたら、、、ちょっと信用しづらいですよね。

さて、話を戻しますがインターネット集客の要(かなめ)となる記事やコンテンツは誰でも自由に作ることができます。でも、自由に作っただけの記事でガンガン集客できる、なんてことはありません。集客できる記事の作り方で作らなければほとんどの場合、集客につながりません。だから、専門職であるセールスライターに記事を書いてもらうか、書き方を教わって自分で作ることが必要になるのです。

もちろん、セールスライターを頼らずに独学でジョセフ・シュガーマンやジョン・ケープルズから学んだり、デイヴィッド・オグルヴィを読みまくってもいいでしょう。SEOライティングの本を買ってスキルを上げていくということもできます。でも、もしあなたができるだけ早くホームページ(集客ブログ)から集客したいと考えるのであればセールスライターの力を上手に使うことをおススメします。

税金の相談は税理士に、法律関係は弁護士に、ですよ。

 

セールスライターの仕掛けが見込み客を購入につなげる

見込み客を購入につなげる仕掛けとは、LP(ランディングページ)のことです。

LPとは、簡単にいうと検索ユーザーが最初に訪問するウェブページのことです。最初に訪問するウェブページは検索結果のページでもあるので検索ユーザーごとに複数のLPが存在することになるのですが、(つまり、前述の入り口が複数存在するということ) ここでいうLPはCTA(Call To Action)につながるページを指します。このページで「販売」、「問い合わせ」や「資料請求」などの行動を見込み客に求めるので、どのホームページ(集客ブログ)でも一番気合の入ったページになります。(シンプルにいうと、このページでは見込み客に買うか、買わないかの二択を迫ります)

なぜ一番気合の入ったページになるかというと、LPしだいで売上が大きく変わるからです。たとえば、LPを読んで10人に1人が買うのと、10人に3人が買うのとでは、3倍も違います。100人に1人と10人に3人では30倍です。売上が30倍違うって、ものすごいことですよね? ビジネスの成長にも大きく影響しますよね?

それほど、LPのもつ役割は重要なので見込み客の欲求や行動心理などを体系的におさめ、すでに効果実証済みの広告やセールスレターなどをリビルトして、見込み客の行動を促せる強いメッセージを作る、これはもう、セールスライターの専門領域になります。

 

まとめ

繰り返しになりますが、商品やサービスを手に取ることのできないインターネットではメッセージの強さ=販売力です。見込み客をホームページに引き寄せ、その内容(記事やコンテンツ)に満足してもらい、購入につなげる仕掛けづくりが欠かせません。そこでセールスライターのニーズが高まってきたのです。

セールスライターはオフラインでの新聞、雑誌広告やチラシ、ダイレクトメール制作が中心の仕事から、今はインターネットに活躍の場を広げています。ホームページ(集客ブログ)でのLP制作や集客記事の提供、顧客との関係作りのためのメルマガ。フェイスブックやTwitterにユーチューブなどの動画コンテンツまで。紙面と違い、物理的な制約がなく、低コストで再現性が高いのもインターネットの利点ですね。

あなたが、もしこれからホームページ(集客ブログ)制作するとか、すでにあるホームページ(集客ブログ)の集客力を強化したいのであれば、セールスライターの力を上手に使うことを検討してみて下さい。

 

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

正直、インターネットを使えば、ほとんどコストをかけずに集客することが可能になります。これは紛れもない事実です。

しかし、多くの人は本業であれ副業であれ、インターネットを自分のビジネスに活用することができていません。

それは一体、なぜでしょうか?

それは、インターネットを使って集客をする”ちょっとしたコツ”を知らないからです。

インターネット集客には”ちょっとしたコツ”があります。多くの人たちは、この”ちょっとしたコツ”を知らないがために、中途半端なことを繰り返し、時間とお金と労力を浪費してしまっているのです。

このレポートでは、この”ちょっとしたコツ”を紹介するとともに、インターネットで集客することのプロのノウハウ(頭の中)を公開します。

このレポートに書かれている知識を知り、それをあなたのビジネスに応用することで、あなたは24時間365日、あなたの代わりに働き続けてくれる自動集客マシーンと呼べるものを手に入れることができるようになるでしょう。