【集客ブログの書き方】井上ひさしが教える「作文の秘訣」

0
42
原稿用紙
「自分にしか書けないことを、だれにでもわかる文章で書く」 井上ひさし

作文の秘訣を一言でいえば、自分にしか書けないことを、だれにでもわかる文章で書くということだけなんですね

これは日本を代表する小説家であり、放送作家でもある、井上ひさしさんの言葉です。

「自分にしか書けない」とは文章の独自性のことであり、「だれにでもわかる文章」とは文章の読みやすさのことを言っています。

集客ブログでも同じですよね?

 

「独自性」は読者があなたのブログを読む理由であり、「読みやすさ」はあなたのブログの価値を正しく伝えることにつながります。

 

集客ブログの独自性

あなたの視点

ここでいう独自性とは、毎回、新発見や特ダネを探してくるということではありません。ブログで伝えたい情報には、必ずあなたの視点を加えるということです。

はっきり言ってしまうと、読む理由がなければ読者はあなたのブログを読みません。

どこでも聞くような、だれもが言っている、ありふれた情報であれば、ヤフーニュースでも他の人のブログでもいいのですから。

だからといって、なんでも奇抜なことを言ったり、とにかく目立つように主張するんだ! というのではありません。あなたの視点をあなたの表現で伝えるだけでも十分です。これだけで単なる情報に「あなた」という価値がプラスされます。

ちなみに、多くの人に読まれるほど、あなたのブログに否定的な意見を持つ読者に出会う可能性が高くなります。100人いれば100通りの考え方があるからです。

否定的な意見を砥石にする

あなたの意見が斬新で鋭いほど、否定的な意見も多くなります。人間はだれもが自分の理解の範囲内で物事をおさめたがるからです。

地球は太陽の周りを回っている。

そんなこと、今どき、小学生でも知っていますよね? でも昔はみんなが全否定していました。

水銀中毒はおそろしい。

ほんの150年くらい前まで、水銀は医者から処方される薬でした。今の時代に絶対あり得ませんよね?

これらはちょっと極端な例ですが、ぜひ否定的な意見を歓迎して下さい。否定的な意見はあなたの意見を鍛える材料であり、あなたの意見を磨くための砥石です。否定的な意見を克服すればあなたのブログには質の高い見込み客が集まり始めます。

勉強でもスポーツでもライバル(強敵)の存在があなたの力を伸ばすのと一緒で、否定的な意見と切磋琢磨してあなたのブログの価値を高めていきましょう。

もし否定的な意見が出ないのは、あなたのブログが読まれていないか、あなたの主張がつまらない証拠です。どちらにしろ危機感を持つべきです。

 

集客ブログの読みやすさ

「読みやすさ」とすると抽象的すぎるかもしれませんね。

井上ひさしさんは、日本中の読者、視聴者への「わかりやすい文章」を意識していました。

集客ブログの場合、対象とする見込み客、つまり読者が定まっていますよね? であれば、あなたの求める読者に集中することで具体的な「読みやすさ」を出せるようになります。

シンプルながらも効果的な方法が、読者と会話するように、語りかけるように書くということ。

私たちは文章を読むとき、意識的にも無意識のうちにも息継ぎをしています。(長めの文章を一気に読もうとすると息苦しくなりませんか?)

息継ぎを意識した文章にすると一つひとつのセンテンスが短くなって読みやすくなるし、語りかけるように書くと相手が理解できる言葉を選んで、言い回しも工夫しますよね。

これが集客ブログの「読みやすさ」です。

 

まとめ

作文の秘訣を一言でいえば、自分にしか書けないことを、だれにでもわかる文章で書くということだけなんですね

この言葉、とても深いです。

ブログライティングに置き換えると「独自性」と「読みやすさ」。

ぜひあなたも集客ブログで意識してみてください。

 

【無料レポート】リストブランディングの教科書

今月も売り上げが増えなかったな、、、(今は大丈夫かもしれないけど、今いるお客さんが離れてしまったらどうしよう、、、)

この無料レポート「リストブランディングの教科書」はどのようにして、いつもあなたの頭から離れることのない「集客に関する悩みの種」を永遠に消し去るきっかけとなってくれるのか?

祈るだけの毎日は今日、この瞬間に終わりにしませんか?

これから、屁理屈なしの具体的で現実的な集客方法をお伝えします。