セールスライティングの仕事を受けていると、こちらが提出したコンテンツに対してクライアントから大幅なチェックが入ることがあります。

そのときに私たちが積極的に修正するものと、消極的に修正する、もしくは修正しないものがあります。(というか、修正できないものがあります)

クライアントからのチェックを修正できないとは、一体どういうことでしょうか?

 

積極的に修正するものは「誤字・脱字」で、これはすぐに修正します。修正自体、とても簡単なので。(積極的に、というよりは明らかな間違いであれば修正しなければいけませんよね)

でも難しいのは、「文章の勢い」や「感情」が削がれてしまうような修正依頼です。したくてもできません。

 

セールスライティングで書かれた文章 vs クライアントの修正依頼文章

正しい文章 VS 感情の伝わる言葉 どっちが勝つ?
正しい文章 VS 感情の伝わる言葉 どっちが勝つ?

例えば、ささいな文章ですが、

A:セールスライティングで書かれた文章

「頭ではわかっているんだけど、なかなか行動できないんだよな、、、」

これに対して、

B:クライアントの修正依頼文章

「頭では理解していても、行動に移すのは難しい」

あなたはこの2つの文章を読んでみて、どう違うのか、わかりますか?

文章の意味としては同じですが、決定的に違うのは「読み手に伝わる感情」です。

もちろん、文法的に正しいのはクライアントの修正依頼文章でしょう。書き手の「知性」をアピールできるのもこちらかもしれません。でも、修正後の文章は書き手の「苦しさ」や「もどかしさ」といった感情が見事に削ぎ落されてしまっています。

 

なぜブログ記事にセールスライティングを使うのか?

人は感情でモノを買い、理屈で正当化する

少しでもマーケティングをかじったことのある人であれば、一度は耳にしたことのある言葉でしょう。

言い換えると、「人を動かすのは感情の力で、動いた理由は後付けされたものだ」ということです。

セールスライティングのスキルを使って書くブログ記事は、大学の論文と違います。企業の約款でもありませんし、難しい言い回しで書き手の知性をアピールすることでもありません。

単純に、書き手のメッセージに共感してもらい、感情を刺激して、読者にあなたが求める行動を起こしてもらうことです。

理想は、見込み客や顧客が普段から頭の中で考えていることや話している言葉を使って、自然と気持ちの中に入り込んでいくような語り口調の文章にすることです。

 

「女の子だから」 あなたなら、どんな言葉を続けますか?

Because I am a Girl(女の子だから)
Because I am a Girl(女の子だから)

13歳で結婚。

14歳で出産。

恋は、まだ知らない。

そして、こう続きます。

女の子だから、10代で結婚させられる。

女の子だから、学校に行かせてもらえない。

女の子だから、生まれてさえこられないこともある。

女の子だから、泣きたいときに泣くことも、

笑いたいときに笑うことも、怒りたいときに怒ることもできない。

女の子だから、恋をすることも知らずに一生を終える。

 

もしも、この文章が間違っているように感じたら、

この世界の違いをまずは知ってください。

 

Because I am a Girl(女の子だから)

その後に来る言葉は、私たちの力で変えられる未来です。

引用:プラン・インターナショナル・ジャパンHPより

このメッセージを読んであなたはどう思いましたか?

これは、プラン・インターナショナル・ジャパンという慈善団体のプロモーション・メッセージなのですが、何かグッと心に込み上げるものを感じませんでしたか?

とくに、女の子のお子さんを持つ人にはものすごく刺さるメッセージではなかったでしょうか。何とかしてあげたいとあなたの心の中に強い感情が生まれませんでしたか? (私にはとても刺さりました、、、そして行動せずにはいられませんでした)

そうです。

これが感情の伝わる文章です。

まとめ

ブログ記事を書くうえで大事なのは相手に伝えることです。

それも、単に正しい文章で情報を伝えるのではなくて、あなたの感情を読者に伝えることです。それにはあなたの感情が伝わる言葉を積極的に選ばなければいけません。

文章を読み終えたときにどんな感情を抱いてもらいたいのか、読者の感情を逆算して、あなたのリアルな感情を、読者が普段から頭の中で考えていることや話している言葉で表現していきましょう。

自然と読者の気持ちの中に入り込んでいくような語り口調の文章にするのが理想的です。

 

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

正直、インターネットを使えば、ほとんどコストをかけずに集客することが可能になります。これは紛れもない事実です。

しかし、多くの人は本業であれ副業であれ、インターネットを自分のビジネスに活用することができていません。

それは一体、なぜでしょうか?

それは、インターネットを使って集客をする”ちょっとしたコツ”を知らないからです。

インターネット集客には”ちょっとしたコツ”があります。多くの人たちは、この”ちょっとしたコツ”を知らないがために、中途半端なことを繰り返し、時間とお金と労力を浪費してしまっているのです。

このレポートでは、この”ちょっとしたコツ”を紹介するとともに、インターネットで集客することのプロのノウハウ(頭の中)を公開します。

このレポートに書かれている知識を知り、それをあなたのビジネスに応用することで、あなたは24時間365日、あなたの代わりに働き続けてくれる自動集客マシーンと呼べるものを手に入れることができるようになるでしょう。