ネット集客ならPRナビ。もう1人、自分がいたらいいのに・・・。「社長と分身」となるホームページを低コストで作る方法

  1. 集客ブログの書き方
  2. 1 view

感情を表現する

淡々と書かれる文章は抑揚がないので、退屈してしまいます。感情が現れていると気になります。街中でもケンカや人の笑い声にはついつい反応しちゃいますよね。

before : 昨晩、近所の人と話していた時に、ある方が冗談を言いました。その冗談がとても面白かったです。

after : 今こうして文章を書き始めても笑いがこみ上げてきます。お腹が、、、、痛いです。笑

その他にも、「私は怒りがこみ上げてきました」「とても悲しいです」「涙が出そうです」・・などなど、感情から始める方法はたくさんあります。

情報源: いくつ知ってる?ブログ記事の書き出しテンプレート12選 | Kyohu

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

「もったいないよ!」

そんな怒りにも似た気持ちで、私はこのレポートを書きました。

いつも思うのは、 「インターネットを使えばもっと簡単にできるのに」ということ。

事実、見込み客だけでなく取引先や従業員まで、あなたのビジネスに関係 するすべての人をもっと簡単に集めることができます。それもあまりお金 をかけずに、です。

インターネットを使えば資金力のある大企業とだって戦えます。

というよりも、インターネットを使わないと勝負になりません。 潤沢な資金のある大企業があなたのテリトリーに攻め込んできら、まず 太刀打ちできないでしょう。

集客ブログの書き方の最近記事

  1. 【集客ブログの書き方】ライティングスキルの向上に必要な2つの要素

  2. なぜメルマガで「プロ」らしさを出してはいけないのか?

  3. 【集客ブログの書き方】相手の「頭の中にある言葉」を使う

  4. 【集客ブログの書き方】不必要な情報を削除して、わかりやすく伝える

  5. 【集客ブログの書き方】他の人の意見を聞く(しかも本音を引き出して)

関連記事

PAGE TOP