ネット集客ならPRナビ。もう1人、自分がいたらいいのに・・・。「社長の分身」となるホームページを低コストで作る方法

  1. 集客ブログの書き方
  2. 11772 view

【集客ブログの書き方】正直・誠実に伝える

【集客ブログの書き方】正直・誠実に伝える

ブログ記事の書き方で、最も大切なものをひとつだけ挙げるとしたら、それは「正直さ」かもしれません。

読者や顧客に伝えるメッセージは正直・誠実なものにしていきましょう。

集客ブログの目的

詰まるところ、私たちが集客ブログを書く目的は「売ること」です。

でも、そのためにセールストークをまくし立てれば情報の信ぴょう性が下がってしまいます。ましてや「売るため」に誇大な宣伝文句を使ったり、「売るため」に過度に煽ったり、「売るため」に不誠実な情報を並べ立てれば、しっぺ返しを食らうのは自分自身です。

誇大な宣伝文句で反応させ、過度に煽ってあせらせ、不誠実なメッセージを並べ立てても、一度や二度はごまかせるかもしれません。

でも、そんな商売では、間違いなく、長期にわたって顧客との良好な関係を築いていくのは無理でしょう。それどころか、伝える情報や売り方によっては刑事罰に問われることだってあります。

そもそも、よほどのことがない限り、顧客との取引は一回限りだ、なんてビジネスはないでしょう。

例えば、葬儀ビジネスで故人との取引は一回限りです。でも天涯孤独な人でもない限り、親兄弟、家族、親戚、友人、知人など、間接的に取引することになりますよね?

そういった意味では一回限りでお終いということはなく、次から次へと取引をつなげていくのが賢いやり方のはずです。それに葬儀ビジネスを近視眼的に捉えなければ、関連商材の取引なども発生するでしょう。

だから私たちは商材が何であれ、顧客と長期的に良好な関係を築くビジネスを目指すべきであり、伝える情報は正直で誠実なものでなくてはなりません。

相手をだまして稼ぐ行為には後ろめたさが残りますしね。

顧客は賢明

私たちが思っている以上に顧客は賢明です。

それも誰もが簡単につながることのできる現代においては、あなた一人よりも多くの情報を共有しうる全体としての顧客のほうがはるかに賢明です。

顧客は私たちが伝えようとしていることが正直かどうか、誠実かどうかを見抜きます。例え、伝える内容が正しいか、正しくないかの判断を間違える場合でも、正直さや誠実さはするどく見抜きます。

もしあなたが不誠実なメッセージを伝えようとすれば、あなたが不誠実な人間であることを証明しているようなものです。なぜなら、そのメッセージはあなたが伝えたかったことを言うのと同時に、あなたが隠そうとしたことも言ってしまうからです。

だからあなたが伝えるメッセージは正直で誠実なものにしていきましょう。

まとめ

ブログ記事を通して伝えることのなかで、最も大切なものをひとつだけ挙げるとしたら、それはあなた「正直さ」かもしれません。

正直な人は信用できるし、好感が持てますよね。そこにはライティングテクニック以上の価値があります。

つまり、私たちは発するメッセージを通して売り手としての姿勢も示しているのです。

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

「もったいないよ!」

そんな怒りにも似た気持ちで、私はこのレポートを書きました。

いつも思うのは、 「インターネットを使えばもっと簡単にできるのに」ということ。

事実、見込み客だけでなく取引先や従業員まで、あなたのビジネスに関係 するすべての人をもっと簡単に集めることができます。それもあまりお金 をかけずに、です。

インターネットを使えば資金力のある大企業とだって戦えます。

というよりも、インターネットを使わないと勝負になりません。 潤沢な資金のある大企業があなたのテリトリーに攻め込んできら、まず 太刀打ちできないでしょう。

集客ブログの書き方の最近記事

  1. 【集客ブログの書き方】説明文ではなく「濃い体験」を書く

  2. 【集客ブログの書き方】結論や要点、記事のテーマを先に書く

  3. 【集客ブログの書き方】文末表現のルールを守る

  4. ブログ記事やメルマガのネタに困らないライティングのコツ

  5. 【集客ブログの書き方】三段論法で説得力を持たせる

関連記事

PAGE TOP