【読者を増やすブログの書き方】より良いブログを書くための10のステップ

0
107
より良いブログを書くための10のステップ

ブログ記事がなかなか書けない、、、

もしあなたがそう悩んでいるのであれば、これから話すことがヒントになるかもしれません。

これはアメリカの超有名なブログで copyblogger(コピーブロガー)というウェブサイトからの引用ですが、なかなか深いことが言っています。

どんなことかと言うと、、、

 

より良いブログを書くための10のステップ

1.書け(Write)

2.もっと書け(Write more)

3.もっともっと書け(Write even more)

4.さらにもっと書け(Write even more than that)

5.書きたくないときも書け(Write when you don’t  want to)

6.書きたいときも書け(Write when you do)

7.何か言いたいときは書け(Write when you have something to say)

8.何も言いたくなくても書け(Write when you don’t)

9.毎日書け(Write every day)

10.書き続けろ(Keep writing)

引用:https://www.copyblogger.com/become-a-better-writer/

つまり、より良いブログを書くための方法とは「書く」ということですね。

ネタに困って書けないときも書く。気分が乗らないときも書く。とにかく書く。何かしら書きつけていくと、そのうちにスイッチが入ります。(作業興奮という心理作用の活用ですね)

それに一流の作家や一流のブロガー、一流のセールスライターほど、ライティングスキルを維持するためにいつも何かを書いています。

例えば、『キャリー』や『ミザリー』などのホラー小説で知られるスティーブン・キング。彼も自叙伝『書くことについて』のなかで、ひたすら書くことをライティングスキルを上達させるための原則だと言っています。

もしあなたの本業がブログ記事を書くことではないとしてもライティングスキルは重要です。なぜなら、ライティングスキルとは伝える文章技術のこと。

あなたは自分のビジネスで見込み客、顧客、そしてあなたを支えてくれるスタッフや従業員、ビジネスパートナーに向けて、あなたの考えを正確に、わかりやすく伝えなければいけないからです。

紙やブログでカタチにしていればそれを見せるだけで伝わります。それにカタチにするという行為があなたの論理的思考力をどんどん鍛えてくれます。

そう考えると、ライティングスキルは本当に重要です。私たちがいつも磨き続けなければならないスキルだと思います。

 

まとめ

この10のステップをマントラのように唱えましょう。(私も日々、唱えています)

そして少しずつでも書き続けましょう。書いた分だけ、あなたもあなたのビジネスも確実に成長しますよ。

 

【無料レポート】リストブランディングの教科書

今月も売り上げが増えなかったな、、、(今は大丈夫かもしれないけど、今いるお客さんが離れてしまったらどうしよう、、、)

この無料レポート「リストブランディングの教科書」はどのようにして、いつもあなたの頭から離れることのない「集客に関する悩みの種」を永遠に消し去るきっかけとなってくれるのか?

祈るだけの毎日は今日、この瞬間に終わりにしませんか?

これから、屁理屈なしの具体的で現実的な集客方法をお伝えします。