あなたは示すべき目的と目標を使い分けていますか?

同じことをやっていても、示す目的の違いで成果は大きく変わります。

今回は、経営者ならぜひとも知っておきたいイソップ童話で「3人のレンガ職人」をシェアします。

「3人のレンガ職人」の話

ある旅人が町を歩いていると、1人の男が道の脇で難しそうな顔をしながらレンガを積んでいました。

旅人は、その男のそばに立ち止まってたずねました。

「ここでいったい何をしているのですか?」

すると、男はこう答えました。

「見ればわかるだろう。レンガ積みをしているのさ。毎日毎日、雨の日も強い風の日も、暑い日も寒い日も1日中レンガ積みだ。なんでオレはこんなことをしなければならないのか、まったくついてない」

旅人は、その男に「大変ですね」となぐさめの言葉を残して歩き続けました。

しばらく行くと、一生懸命レンガを積んでいる別の男に出会いました。

しかし、その男は、先ほどの男ほどつらそうには見えませんでした。

そこで、また旅人はたずねました。

「ここでいったい何をしているのですか?」

すると、男はこう答えました。

「オレはね、ここで大きな壁を作っているんだよ。これがオレの仕事でね」

旅人は「それは大変ですね」と、いたわりの言葉をかけました。

すると、意外な言葉が返ってきました。

「なんてことはないよ。この仕事でオレは家族を養ってるんだ。この仕事があるから家族全員が食べていけるのだから、大変だなんて言ったらバチが当たるよ」

旅人は、その男に励ましの言葉を残して歩き続けました。

さらにもう少し歩くと、別の男がいきいきと楽しそうにレンガを積んでいました。

旅人は興味深くたずねました。

「ここでいったい何をしているのですか?」

すると、男は目を輝かせてこう答えました。

「ああ、オレたちのことかい? オレたちは歴史に残る偉大な大聖堂をつくっているんだ」

旅人は「それは大変ですね」と、いたわりの言葉をかけました。すると男は、楽しそうにこう返してきました。

「とんでもない。ここで多くの人が祝福を受け、悲しみを払うんだぜ! 素晴らしいだろう!」

旅人は、その男にお礼の言葉を残して、元気いっぱいに歩き始めました。

引用:イソップ童話

それぞれのレンガ職人の違いは何?

それぞれ職人のレンガを積む意識を比べると、

1番目の職人:「なんでオレはこんなことをしなければならないのか、まったくついてない」→ やらされている

2番目の職人:「この仕事でオレは家族を養ってるんだ」→ 生活費を稼ぎたい

3番目の職人:「歴史に残る偉大な大聖堂をつくっているんだ」→ 世の中へ貢献したい

言うまでもなく、この中では3番目の職人の意識が一番立派ですよね。もちろん、経営者が示すべきはこの意識です。

残念なのは1番目の職人で、そこには意識どころか主体性もありません。

経営者が設定するべき目的と目標の違い

目的とは

意識は「目的」に置き換えられます。そして、その目的がどれだけの人に支持されているかでビジネスの大きさが決まります。

レンガ職人でいうと、3番目の職人のしていることが一番多くの人に支持されますよね。なぜなら、もっともみんなのためになるからです。

目標とは

「目標」は目的を達成するための過程のことで、具体的な数字や数値です。

2番目の職人は家族を養うのが目的で、金を稼ぐのは目標です。

経営者が考えるべきは?

だから、経営者がまず示すべきなのは目的です。あなたが何をしているのか、それがだれの役に立つのか、はっきりと示す必要があります。

目的を果たすために目標設定は必要ですが、順番として、まずは周りに目的を示すことです。示した目的を支持してくれる人が多ければ多いほど、あなたのビジネスは成長します。

家族を養うという目的、そのために稼ぐという目標はもちろん素晴らしいですが、ビジネスであれば、利他的な考えのほうが多くの人に好まれます。

「オレは金儲けのためにビジネスしている」なんて人、あまり好感が持てないですよね? だからビジネスには利己的な考えよりも利他的な考えを示しましょう。そして、現状よりも少し大きく目的を示した方がいいでしょう。

まとめ

ビジネスの本質は、あなたのやっていることに対して多くのファンを作り出すことにあります。ファンとは、あなたのビジネスに関係する、すべての支持者のことです。顧客も従業員も買う側か売る側かの違いがあるだけであなたのビジネスを応援する立場は同じです。

経営者はファンのために何ができるかを常に考えていかなければいけません。あなたのビジネスの目的に関係するすべての人々を巻き込むための姿勢は見せていくべきだと思います。

そのためには、はっきりと目的を示さなければいけません。

あなたのビジネスは示せていますか?

 

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

正直、インターネットを使えば、ほとんどコストをかけずに集客することが可能になります。これは紛れもない事実です。

しかし、多くの人は本業であれ副業であれ、インターネットを自分のビジネスに活用することができていません。

それは一体、なぜでしょうか?

それは、インターネットを使って集客をする”ちょっとしたコツ”を知らないからです。

インターネット集客には”ちょっとしたコツ”があります。多くの人たちは、この”ちょっとしたコツ”を知らないがために、中途半端なことを繰り返し、時間とお金と労力を浪費してしまっているのです。

このレポートでは、この”ちょっとしたコツ”を紹介するとともに、インターネットで集客することのプロのノウハウ(頭の中)を公開します。

このレポートに書かれている知識を知り、それをあなたのビジネスに応用することで、あなたは24時間365日、あなたの代わりに働き続けてくれる自動集客マシーンと呼べるものを手に入れることができるようになるでしょう。