やる気スイッチと集中力アップに「作業興奮」の効果を利用する

やる気スイッチと集中力アップに「作業興奮」の効果を利用する

「毎朝、目が覚めるとやる気に満ち溢れていて、仕事が始まるのが待ちきれない!」  おそらく、そんなことはありませんよね?  もしあなたが私と同じタイプであれば、ほとんど毎日、やる気を引き出すのに苦労しているでしょう。「さあ、集中しよう!」と、「集中する」ことに集中しているはずです(笑)
決断力と『ケンタウロスの物語』

社長の仕事と決断力。『ケンタウロスと村人と作者の物語』より、、、

仕事でもプライベートでも、私たちの人生は決断の連続ですよね。  私たちは決断することで物事を前に進めることができます。言い換えると、決断することでしか物事を前に進めることはできません。  だから大事なのは物事を決断する力、つまり決断力です。  では決断しないとどうなるのか?  そのことを『ケンタウロスと村人と作者の物語』からお伝えします...
インターナルマーケティングとは? 社員満足と顧客満足の関係。

インターナルマーケティングとは? 社員満足と顧客満足と採用満足の関係。

インターナルマーケティングとは社内に向けたマーケティング活動のこと。  マーケティングと聞くと販売するための外向けの活動をイメージしがちですが、それだけではありません。ビジネス全体がマーケティングであり、内向けの活動も立派なマーケティングです。  むしろ、「人手不足」倒産が急増している今ほど、私たちが真剣に取り組むべきマーケティング活動ではないでしょうか?
時間対効果を高める

【社長の仕事】費用対効果よりも重要。時間対効果を高める2つの方法。

”スピードは富を引き寄せる”  あなたも聞いたことがあるかもしれません。  これは人生の成功哲学でよく言われる言葉です。  インターネットのおかげで私たちの意思決定や行動のスピードは格段に速くなりました。でも便利になった反面、対応が遅れることでせっかくの機会を逃すことも増えたのではないでしょうか。  それはプライベートだけに限らず、ビジネスでも同じことです。  対応が遅くなり競合に後れをとる、、、そんな後手後手のビジネスが行き着くところなんて考えたくありませんよね?
サーカスの象は鎖につながれて大きくなる

ビジネスの成長と取るべきリスク。寓話『象と鎖』より、、、

あなたは自分のビジネスにどれくらいのリスクを取っていますか?  すべての物事にはリスクがついて回ります。  が、問題は取るべきリスクのタイプとその大きさ。  売上を伸ばし、ビジネスを成長させるうえでは「行動するリスク」を積極的に取っていく必要があります。  そのことを寓話『象と鎖』を通して伝えたいと思います...
千利休の落ち葉の風情エピソード

なぜ完璧すぎるとビジネスが上手く回らないのか? 『千利休』の逸話より、、、

あなたは完璧を求めるタイプですか?  ことビジネスにおいては、誰もがかっちりきっかり仕事を進めたいと考えます。  できる経営者、できるビジネスパーソン、できる専門家ほど、完璧に仕事をこなしていくものだ。確かにそんなイメージがありますよね。  でも完璧すぎることで、かえってビジネスが上手く回らないこともあるので注意が必要です。  そのことを千利休の逸話を引用してお話したいと思います...
6人の盲人と象

マーケティングの本質とは? 『6人の盲人と象』と経営者が最優先すべき仕事。

経営者が最優先すべき仕事、それはマーケティングです。  マーケティングと聞くと複雑な仕組みを作らなければいけないとか、難しく捉えられがち。  でも、その本質はいたってシンプルです。  中小企業の経営者や店舗ビジネスのオーナーほど、マーケティングが事業の強みになります。マーケティングを武器にすれば競合に負けることはありません。多くの競合は難しく考えて、手を出しませんからね…
uspを発見するシンプルな質問

【社長の仕事】5年後、10年後にも顧客を集め続ける「たった一つのシンプルな質問」とは?

自分のビジネスに真剣に取り組むあなたであればきっと、、、  「マーケットの状況も、お客さんの関心も、競合の施策も、すべてにおいて変化するスピードが日々早くなっている」  そう感じているのではないでしょうか?  今後ますます IT技術は進化していきます。すると当然、情報伝達のスピードも今よりも速度を上げて、その手段も多様化していきます。なので、ビジネス環境はもっと厳しくなっていくでしょう、、、  そのような中で、どうすれば5年後10年後にもお客さんを集めて売上を作ることができるのでしょうか…
成功と莫大な富を引き寄せた、バーンズの12の信条(クレド)とは?

【社長の仕事】成功と莫大な富を引き寄せた、バーンズの12の信条(クレド)とは?

あなたはエドウィン・C・バーンズという人物を知っていますか?  彼は偉大なる発明家トーマス・エジソンの共同事業者として名が知られていますが、それ以上に、彼は成功哲学の体現者だということで高く評価されている人物です。  バーンズは無一文からエジソンの共同事業者になり、(エジソンのもとで働くのではなく、あくまで対等な立場で働く)、莫大な富を築きました。  この事実から学べるのは、誰でも人間は何かに本気で取り組めばそれは必ず実現するということです…
タイガーは終わった、、

【社長の仕事】タイガーは終わった、、、

「タイガーはもう終わった、、、」  誰もがそう思っていました。  ところが、どん底からの見事な復活劇。  本当に、本当に、感動しました。  でも、今日、私があなたに伝えたいのはそんな感動の話ではありません。タイガーが復活することになった根っこの話です…
目標を設定して、目標を書き留めると、なぜ勝手に体が動き出すのか?

【社長の仕事】目標を設定して、目標を書き留めると、なぜ勝手に体が動き出すのか?

あなたはこのシートを見たことがありますか? これは、今メジャーリーグで大活躍している、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が高校1年生の時に作った目標設定シートです。 目標設定の大切さを伝える資料として、ビジネス研修やセミナー、雑誌などでも取り上げられているので、すでにあなたもご存知だったかもしれませんね。 じつは、あなたにこのシートをお見せしたのには2つの理由があります。。。
なぜ経営者の示す地図(ビジネスマップ)にはコンセプトが必要なのか

【社長の仕事】なぜ経営者の示す地図(ビジネスマップ)にはコンセプトが必要なのか

あなたのビジネスにはコンセプトの入った地図(ビジネスマップ)がありますか? そして、その地図はあなたのすべての関係者に共有されていますか? コンセプトで道すじのしっかりと示された地図であれば、ゴールを信じて前に進むことができるし、もし障害にぶつかって迂回することがあったとしても結局は元のコースに戻り、同じゴールを目指すことができます。