相手の「頭の中にある言葉」を使う

【読者を増やすブログの書き方】相手の「頭の中にある言葉」を使う

これは私の基本方針なのですが、、、  ブログやメルマガを使ってビジネスメッセージを発信するのであれば、そのビジネスに携わっている人が書くのが適任です。それも経営者のような立場の人が書くのが一番です。  どうしてかと言うと、そのビジネスを一番理解していて、そのビジネスに一番情熱を持っていて、そのビジネスに一番責任が取れるのが経営者だからです。
ブログやメルマガのメッセージをわかりやすくする方法。不必要な情報を削除する

ブログやメルマガのメッセージをわかりやすくする方法。不必要な情報を削除する

「結局、何が言いたいんだ?」  あなたはそんなメッセージを受け取ったことはありませんか?  テーマと無関係な話は読み手の理解を妨げます。いらいらさせたり、混乱させたり、読み手のストレスにつながります。そうして、本当に伝えたいことやメッセージに込めたあなたの情熱が弱まってしまうのです。最悪の場合、相手にはもう読まないという選択肢だってあり得ます。
【読者を増やすブログの書き方】他人の意見を聞く(しかも本音を引き出して)

【読者を増やすブログの書き方】他の人の意見を聞く(しかも本音を引き出して)

一生懸命書き上げたブログ記事やメルマガ記事。  読んだ人がどう思うか、気になりますよね。  とくに、重要なメッセージを伝えたかったり、価値ある情報を伝えたいときは、この内容でちゃんと相手に伝わるのか心配になるものです。できれはリリース前に記事の出来を確認したい、、、ですよね?  そんなときに記事の良し悪しをシンプルに確認する方法があります。
ブログ、メルマガ、セールスコピーの精読率を上げる方法。(小見出しの3つのメリットと効果的な使い方)

ブログ、メルマガ、セールスコピーの精読率を上げる方法。(小見出しの3つのメリットと効果的な使い方)

精読率、とても重要です。  ブログ記事、メルマガ記事、セールスコピーなど、発信するメッセージはすべて読んでもらいたいですよね。精読率が上がるほど、見込み客の「行動」につながるのですから。  今さら言うまでもありませんが、一番重要なのは見出しです。見出しで注意を引き、クリックしたり、開封してもらえなければ、そこですべて終了です…
専門的なビジネスブログを読みやすくする方法。キーワードを設定する。

専門的なビジネスブログを読みやすくする方法。キーワードを設定する。

あなたの書くビジネスブログが少し専門的な内容であったり、複雑な説明をするのであれば、キーワードを設定することで読みやすくなります。  とくに、よく覚えてもらいたい内容で繰り返し伝える必要があるときほど、キーワードが効果的に働きます。適切なキーワードほど印象に残りますし、ブログのSEO効果も高まります。
ビジネスブログで信頼関係を築くには? 見込み客に心を開いてもらう方法。

ビジネスブログで信頼関係を築くには? 見込み客に心を開いてもらう方法。

ビジネスブログで見込み客と信頼関係を築くには、あなたの専門知識やスキルを示すだけでなく、「あなた」の話をしていきましょう。  あなたが心を開くことで見込み客も心を開きます…
原稿用紙

【集客ブログの書き方】井上ひさしが教える「作文の秘訣」

「作文の秘訣を一言でいえば、自分にしか書けないことを、だれにでもわかる文章で書くということだけなんですね」  これは日本を代表する小説家であり、放送作家でもある、井上ひさしさんの言葉です。  「自分にしか書けない」とは文章の独自性のことであり、「だれにでもわかる文章」とは文章の読みやすさのことを言っています。  集客ブログでも同じですよね?
手品のタネを明かさない

【読者を増やすブログの書き方】形容詞や常套句で語りすぎない

あなたのブログ記事は語りすぎていませんか?  同じ言葉や言い回しを必要以上に繰り返していくと話がしつこくなります。  それよりも必要なことだけを伝えて、あとは読者の反応に任せる。  このほうがずっと伝わる場合があります...
情景を豊かに描写する

【読者を増やすブログの書き方】情景を豊かに描写する

シンプル・イズ・ベスト  私たちはこのように教えられてきました。  このことはブログライティングでも同じで、読みやすいブログ記事を書くには、できるだけわかりやすく、簡潔に伝えるのが基本です。  でも、ときにはシンプルな事柄を複雑に伝えることも必要です。情景を豊かに描写することであなたの話に奥行きが出て、読み手の理解を深めることにもつながるからです...
ストーリー(物語形式)で伝える

【読者を増やすブログの書き方】ストーリー(物語形式)で伝える

あなたのメッセージを強くするにはストーリー(物語形式)で伝えるのが効果的です。  はるか昔から情報は物語のカタチで語り継がれてきました。  古事記だって聖書だってみんな物語形式。ストーリーです。つまり情報伝達の方法として、ストーリーテリングは昔から使われてきたテクニックなのです。  これはぜひ、ブログライティングにも活用したいですよね?
ケープルズの発見した「最も効果的なヘッドラインに含まれる6つの要素」

ケープルズの発見した「最も効果的なヘッドラインに含まれる6つの要素」とは?

ほとんどの場合、ブログ記事が読まれるかどうかはヘッドライン(見出し)で決まります。  今さら言われるまでもないですよね?  私たちは平均するとたった1.8秒の間に、目にした情報の価値を判断します。なので、その1.8秒でどれだけ読者の興味を引きつけ、続きを読もうと思ってもらえるかが勝負になってきます。だからヘッドラインは非常に重要というわけです...
はっきりと嫌われることを言う

【読者を増やすブログの書き方】嫌われることをはっきりと言う。

誰かに嫌われるのはとても勇気がいります。見ず知らずの人からであっても、あなたという人格を否定されるのは辛いことでしょう。  でも、あなたが読者を増やしたい、それもあなたを支持してくれる熱烈な読者を増やしたいと考えているのであれば、はっきりと嫌われることを言わなければなりません...