ライティングの環境を整える3つの視点

【読者を増やすブログの書き方】ライティングの環境を整える3つの視点

環境はとても重要です。  読者を増やすというよりは ”素早く” 書く方法といったほうが正しいかもしれません。  環境を整えることでブログ記事が短時間で書けるようになるだけでなく、ブログ記事の質も上がります。すると読者の評価も上がるし、SEO的にも有利ですよね?( ということは、結果として読者を増やすことにつながりますね!)
好奇心を刺激する(Stimulate curiosity)

【読者を増やすブログの書き方】好奇心を刺激する(見本付き)

知らないことを教えてくれる記事は魅力的です。  内容が知的好奇心を満たしてくれそうであればなおさらです…
あなたの存在を証明して、「顔」の見える文章を書く

【読者を増やすブログの書き方】あなたの存在を証明して、「顔」の見える文章を書く

誰かに何かを伝えるときは、あなたの存在を証明して、「顔」の見える文章を書きましょう。  私たちは顔の見えない相手の言うことは100%信用しません。(あなただって、これは素晴らしい商品だとか、このサービスは最高だ、なんて匿名希望者の言うことを真に受けませんよね?)  だから、あなたがブログで誰かに何かを伝えたいのであれば、あなたが実際に存在することを証明して、あなたの「顔」の見える文章を書きましょう…
「どう言うか」より「何を言うか」

【読者を増やすブログの書き方】 「どう言うか」より「何を言うか」

”どう言うかより、何を言うかのほうが重要”  これは、1962年のTIME誌で「広告産業において最も信頼される人物の1人」と称された、デイヴィット・オグルヴィの言葉です。  もちろん広告だけでなく、私たちがビジネスブログを書くときの基本となる言葉でもあります。  なぜなら、広告もビジネスブログもその目的は…
小学5年生の音読テストに合格するように書く

【読者を増やすブログの書き方】小学5年生の音読テストに合格するように書く

決して、あなたの見込み客やブログ読者の知的レベルを侮辱するものではありません(笑)  黙って読もうが声に出して読もうが、ブログ記事は読者と話しているかのようになめらかに「流れる」ことが大切です。  なぜなら、私たちは必要に迫られ自分から強く求めるのでもない限り、知力を必要とするような学術的、技術的、専門的な難しい話はできるだけ避けたいと考えているからです…
「二人称」の基本と「あなた」の原則を使う

【読者を増やすブログの書き方】 「二人称」の基本と「あなた」の原則を使う

「みなさん、こんにちは!」  ひょっとして、あなたはブログ記事でこのように読者に話しかけていませんか?  だとしたら、それは間違いです。  ブログ記事は「二人称」で書くのが基本です。そして読者には「あなた」と語りかけましょう。これがあなたのブログ記事に読者を引き寄せるコツです。  今からそれを証明します...
あなたのブログ記事はどれだけ読者の共感を呼び起こしている?

【読者を増やすブログの書き方】読み手の状況に共感する記事を書く

なぜ、頑張って書いたのに見込み客の心に届かないのか? あなたは、そんなことを真剣に考えたことはありますか? あなたのブログ記事が見込み客の心に届かない原因はいくつかありますが、そのなかでも考えられる一つの原因は、見込み客の現状に共感するような文章を書いていないということが挙げられます。
あなたのブログ記事は感情を伝えてる?

【読者を増やすブログの書き方】正しい文章よりも感情の伝わる言葉を使う

セールスライティングの仕事を受けていると、こちらが提出したコンテンツに対してクライアントから大幅なチェックが入ることがあります。
ブログ記事を書くなら全労力の90%を見出し(ヘッドライン)に費やそう!

【読者を増やすブログの書き方】見出し(ヘッドライン)で失敗しない12のチェックポイント

「0.8秒」  これ、何の数字だかわかりますか? じつはこれ、あなたのブログ記事を読むか読まないか、読者が判断するのにかける時間です。あなたがブログ記事を書くのに1時間かけようが100時間かけようが同じこと。パッと見出し(ヘッドライン)を見ただけですべてが決まります。 だから、あなたは見出しを決めるのにブログ記事を書く全労力の90%を費やさなければいけません。それくらい重要なことなのです・・・
素早く書くための最大の秘訣

【読者を増やすブログの書き方】素早く書くための最大の秘訣

もしあなたが「なかなかブログ記事を書けないよ」と悩んでいるのであれば、いつまでに書くという締め切りを決めてください。そして一度決めた締め切りは必ず守って、ブログ記事を書き終わっていなくてもそのまま投稿してしまいましょう。 でもほとんどの場合、締め切りを守ることで必ずブログ記事を書き終えるようになります。
ペルソナに向かって書く(Write for the persona)

【読者を増やすブログの書き方】ペルソナに向かって書く

すべての顧客に向けた言葉であっても、つねにその一人ひとりに話しかけていることを忘れてはいけない、、、
見出し(ヘッドライン)を見直す方法(How to review the headline)

【ブログの書き方】弱い見出し(ヘッドライン)を30秒で見直す方法。「4U」の原則とは?

あなたのブログが読まれるか、読まれないかは、ほんの一瞬で決まります。 そしてそれは見出し(ヘッドライン)の強さで決まります。だから、ブログを書いたら、その内容以上に見出しには気を配らなけばいけません。見出しがつまらないものであれば、読者に関心を持ってもらえず、あなたがせっかく時間をかけて記事を書いてもスルーされて終わりま、、、