誰もがオウンドメディアを持って情報発信する時代。それがたとえ、ネズミでも・・・

0
363

From:チューマッハねずみ

僕の名前はチューマッハ。タイピングの早いネズミなんだよね。

葛西の家に住んで、もう4年近くたつ。

いつも彩花と愛花がたくさんのどんぐりを集めてくるんだ。だから食べるものには困らない。それに今の季節、暖房もガンガンに効いているし、ネコとか、危険な奴らもいないので快適に過ごしてるよ。

えっ?

人間は大丈夫か、だって?

もちろん、気をつけてるさ。でも、ただのシェアメイトだよ。ちゃんと活動時間を分けている。上手くやってるから、どうぞ、ご心配なく!

ところで、今日は同胞の君に伝えたいことがあるんだ。人間たちにはナイショだよ。

 

ねぇ、気づいてる?

僕らネズミにとって、今が素晴らしい時代だってことを。

なんでかっていうと、だれもが好きなことを言って、多くの人に聞いてもらえる時代だから。人間たちは、「誰もがオウンドメディアを持って、自分の好きな情報を発信する時代」って言ってるけど。

 

もっと暮らしが快適に。しかも安全。

僕らの世界だと、「チューチュー」言っても伝えられる相手って、目の前にいる奴らだけだろ? せいぜい頑張って大声で叫べば、少し遠くのネズミにも聞こえるかもしれないけどね。

でもこれじゃ、どんなに美味しいエサがあっても、どんなに快適な住処があっても、どんなにステキなガールフレンドができても、そのことを大勢の仲間にシェアできないわけ。シェアできれば、今までよりもっと、みんなの暮らしが快適になるのに。それもネコに気づかれずに安全に、だよ?

 

情報革命

でも、時代は変わって誰でもそれができるようになったんだ! たとえ、それがネズミでも。

どういうことかって言うと、今の時代、ブログやTwitter、Facebookなどのメディアを使って、遠く離れた多くの人に好きなことを簡単に伝えられる時代になったんだ。しかも無料だったり、あまりお金をかけずにね。

それって、ものすごいことだよね。

もう、「チュー」「チュー」「チュー!!」

なんて、声を張り上げて遠くの仲間を呼ばなくてもいいんだよ。こんなこと、信じられないよ!

ちょっと前までは人間たちも、多くの人に伝えるために、多くのお金をかけてテレビとか新聞とか使っていたんだ。僕らじゃ、無理だよね。ネズミだもん。お金も持ってないし。

それが今じゃインターネットを使えば、お金をかけないで地球の裏側にいるネズミにだって伝えられる...こっちに美味しいエサがあるよーとか、あっちはネコがいないから安全だよーとか、情報をシェアできる。

人間たちの発明も大したもんだよね。

すごくない?

 

情報をコントロールする

だから、これを使わなきゃ、もったいないって話。

僕らの世界でも情報を自分でコントロールできる奴が勝ち組だよな、きっと。

だって自分の声を遠くまで届けたほうが、多くのネズミが集まってくるし、食べ物もガールフレンドも集まってくる。すっごく、ゴキゲンだよ。

もし、君がまだオウンドメディアを使っていないなら、絶対に早くやった方がいいぜ!

 

「でも、専門用語とか難しそう...」

難しい技術の仕組みなんか覚えてなくても大丈夫。

葛西も言ってたよ。誰でも簡単にできるんだって。まさに今、僕が君に手紙を送っているようにね。

まったく、いい時代だよ。技術の進歩に大いに感謝だね。ネズミを代表して僕から礼を言うよ。ホント。

 

これが君とシェアしたい、今日の話。

今度は君のほうで、耳よりな情報があったら教えてくれよ。

 

――チューマッハねずみより。

 

追伸。

おっと、でも僕たちがこんな話をしているなんて、人間には知られないようにしてくれよ。あいつらとモメるつもりはないんだ。もっと愉快に暮らしたいだけなんだから...

 

追・追伸。

それと、くれぐれも言っとくけど、見つからないようにな!

僕だって、ブログやるのは葛西が外出していたり、寝ている間だけだよ。だって、葛西のパソコン使ってるから...あいつがいつもパソコンをつけっぱなしのズボラ人間で助かるよ。

ホント、いいヤツだ。

 

 

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

「もったいないよ!」

そんな怒りにも似た気持ちで、私はこのレポートを書きました。

いつも思うのは、 「インターネットを使えばもっと簡単にできるのに」ということ。

事実、見込み客だけでなく取引先や従業員まで、あなたのビジネスに関係 するすべての人をもっと簡単に集めることができます。それもあまりお金 をかけずに、です。

インターネットを使えば資金力のある大企業とだって戦えます。

というよりも、インターネットを使わないと勝負になりません。 潤沢な資金のある大企業があなたのテリトリーに攻め込んできら、まず 太刀打ちできないでしょう。