悲願のとんこつラーメン

0
408
とんこつラーメン(Tonkotsu ramen) 風龍
とんこつラーメン(Tonkotsu ramen) 風龍

From:葛西義弘

新橋でクライアントとの打ち合わせの帰り。

とんこつラーメンを食べてきました。インターネット広告のエキスパート、Hさんと。

 

食べに行くと言い続けたラーメン屋

じつはこのラーメン屋、もうかれこれ6年くらい前から行きたくて行きたくて。。。というのも、特別に旨いとか、有名なお店というわけではないけれど、友人が働いているのです。6年くらい前から。

働いているのを聞いて、食べに行く、食べに行くと何十回言ったでしょうか。年に数回は会ってるし、電話で話したり、LINEをやったり、、、×6年なのでひょっとしたら100回以上は言ったかもしれません。でも、一度も行ったことがありませんでした。(まあ、仕事場からも家からも近くはないしね)

それが、、、すごくタイミングのいいことに新橋でクライアントとの打ち合わせが夕方からあって。その後はフリー。しかも腹が減っていてガッツリ食べたい気分。というミラクルが重なって、悲願のとんこつラーメンを食べに行くことができました。(オーバーだな、笑)

このとんこつラーメン店、東京を中心に店舗展開している店で、メニューがメチャクチャ安い。基本のとんこつラーメンが一杯560円。(あれ、580円だったかな?) しかも、替え玉が2玉まで無料! すごく安くないですか?

 

人員を削減したい業界と確保したい業界

値段のせいか、立地のせいなのか、このラーメン屋、とにかく、よくお客さんが入る。カウンター席のみの狭い店だけど、ひっきりなし。それを3人の店員さんが回している。そのうちの一人、店長さんが僕の友人。

毎年、正月には彼と一緒にご飯を食べに行くのですが、まったくの人手不足でこの年末年始は休みが取れないとか。以前にも増して、採用が厳しいんだと。(店長以外、ほかの二人は留学生かな。名前がカタカナだった。3人でとにかく動き回る)

どの業界もITの活用で効率化と人員削減を進めている。先日、三菱東京UFJ銀行が、今後10年程度で1万人削減すると言ってましたね。みずほや三井住友も同じ動きとか。

ネットバンキングの普及で窓口での手続きもずいぶん減ったし、ここ10年の銀行来店者は4割近く減っているそうなので、人員がいらなくなるというのはうなずける。

でも、ラーメン店のような飲食店だとそう言うわけにはいかないよね。

インターネットのおかげで労働力が減らせるなら、インターネットを使って労働力を増やすこともできるはず。そんな話をしながら、とんこつラーメンをかっ込んできました。

ー葛西義弘

 

㎰.
高橋さん(店長)、馬車馬のように働いて下さい。
その間、僕は休みます(笑)

 

pps.
新橋でこの価格。たしかにラーメンは安かった。
でも、ビールを飲めばそれなりになるね(笑)

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

「もったいないよ!」

そんな怒りにも似た気持ちで、私はこのレポートを書きました。

いつも思うのは、 「インターネットを使えばもっと簡単にできるのに」ということ。

事実、見込み客だけでなく取引先や従業員まで、あなたのビジネスに関係 するすべての人をもっと簡単に集めることができます。それもあまりお金 をかけずに、です。

インターネットを使えば資金力のある大企業とだって戦えます。

というよりも、インターネットを使わないと勝負になりません。 潤沢な資金のある大企業があなたのテリトリーに攻め込んできら、まず 太刀打ちできないでしょう。