多くの知識と経験をインプットしてアウトプットする

【読者を増やすブログの書き方】多くの知識と経験をインプットしてアウトプットする

ブログ記事を書くには、まずはじめに「何を書くか」というネタを準備しなければいけません。  そのネタとは「知識」か「経験」のどちらか、またはその両方のことです。  人気ブロガーや人気ユーチューバーに共通していることは、知識が豊富、本をよく読む、好奇心が旺盛、多趣味、旅行好き、新しいことにどんどんトライしている、といった特徴があります。なんとなく、わかりますよね?
はっきりと嫌われることを言う

【読者を増やすブログの書き方】嫌われることをはっきりと言う。

誰かに嫌われるのはとても勇気がいります。見ず知らずの人からであっても、あなたという人格を否定されるのは辛いことでしょう。  でも、あなたが読者を増やしたい、それもあなたを支持してくれる熱烈な読者を増やしたいと考えているのであれば、はっきりと嫌われることを言わなければなりません...
サソリの性(さが)

抵抗できないくらいの圧倒的なオファーとは? 寓話『サソリとカエル』より、、、

本気で見込み客を集めたいのであれば「抵抗できないくらいの圧倒的なオファー」を用意しましょう。  オファーの強さと集客力は比例します。差別化が難しい今の時代、ありきたりでつまらないオファーでは誰にも見向きもされません。だから必要なのは「抵抗できないくらいの圧倒的なオファー」です。  でも「抵抗できないくらい」とか「圧倒的な」とは、どういうことを言うのでしょうか?  感覚的な表現なので少しわかりづらいかもしれませんね。  そこでご紹介したいのが寓話『サソリとカエル』です。  聞いてください...
時間対効果を高める

【社長の仕事】費用対効果よりも重要。時間対効果を高める2つの方法。

”スピードは富を引き寄せる”  あなたも聞いたことがあるかもしれません。  これは人生の成功哲学でよく言われる言葉です。  インターネットのおかげで私たちの意思決定や行動のスピードは格段に速くなりました。でも便利になった反面、対応が遅れることでせっかくの機会を逃すことも増えたのではないでしょうか。  それはプライベートだけに限らず、ビジネスでも同じことです。  対応が遅くなり競合に後れをとる、、、そんな後手後手のビジネスが行き着くところなんて考えたくありませんよね?
サーカスの象は鎖につながれて大きくなる

ビジネスの成長と取るべきリスク。寓話『象と鎖』より、、、

あなたは自分のビジネスにどれくらいのリスクを取っていますか?  すべての物事にはリスクがついて回ります。  が、問題は取るべきリスクのタイプとその大きさ。  売上を伸ばし、ビジネスを成長させるうえでは「行動するリスク」を積極的に取っていく必要があります。  そのことを寓話『象と鎖』を通して伝えたいと思います...
一方ロシアは鉛筆を使った

集客問題の解決策にショートカットする方法。「一方ロシアは鉛筆を使った」より、、、

「どうしたらもっと集客できるか」  これはすべての経営者に共通する悩みでしょう。  ビジネスしていくうえで永遠について回る、難しいテーマでもあります。  ですが一見、難しそうなことも問題の本質を捉えることで解決策に大きくショートカットできる場合があります。  それを「一方ロシアは鉛筆を使った」を通してあなたに伝えたいと思います...
知識のドーナツ化を目指す

【読者を増やすブログの書き方】知識のドーナツ化を目指す

あなたは「知識のドーナツ化」という言葉を知っていますか?  ブログ読者を増やしたいのであれば、この言葉をマントラのように唱えていきましょう。  この言葉は私たちのブログ記事で重要なことを見事に言い表しています...
手数を多くしてアクセスを稼ぐ

【読者を増やすブログの書き方】 手数を多くする

突然ですがあなたにクイズを出します。  どのパンチが相手を倒す「有効打」になったでしょうか?  少しだけ考えてみてください...
正直、誠実に伝える

【読者を増やすブログの書き方】正直・誠実に伝える

ブログ記事の書き方で、最も大切なものをひとつだけ挙げるとしたら、それは「正直さ」かもしれません。  読者や顧客に伝えるメッセージは正直・誠実なものにしていきましょう...
信頼関係の構築はコミュニケーションの積み重ね

顧客との信頼構築にメルマガ配信のススメと『堪忍の六助』の物語

見込み客や顧客との関係性を深めて販売につなげたい。  そのためにメルマガを始めようと思うけど、  なんか大変そうだな、、、  途中でやめたらカッコ悪いよな、、、  そんなにたくさんのネタがないよ、、、  そう考える人は多いです。  ひょっとして、あなたもそうですか?  もしそうであれば、『堪忍は一つ』の物語を通して大切なことを伝えたいと思います。  聞いてください...
千利休の落ち葉の風情エピソード

なぜ完璧すぎるとビジネスが上手く回らないのか? 『千利休』の逸話より、、、

あなたは完璧を求めるタイプですか?  ことビジネスにおいては、誰もがかっちりきっかり仕事を進めたいと考えます。  できる経営者、できるビジネスパーソン、できる専門家ほど、完璧に仕事をこなしていくものだ。確かにそんなイメージがありますよね。  でも完璧すぎることで、かえってビジネスが上手く回らないこともあるので注意が必要です。  そのことを千利休の逸話を引用してお話したいと思います...
メッセージをすべて読んでもらう2つの方法

【読者を増やすブログの書き方】読み手に関係があることを伝える

「長文のブログ記事は読まれない、だからできるだけ短く簡単に書こう」  ひょっとして、あなたはそう思っていませんか?  じつはコレ、間違いです。  事実、マーケティングの大家はこのようなことを言っています。  長すぎるコピーというものはない。あるのは退屈なコピーだけだ...