スピードはお金を引き寄せる

あなたはこんな言葉を聞いたことがありますか?

これは紛れもない事実であり、ビジネスでも人生でもスピードが命です。

もちろんインターネットで集客するときにも絶対に忘れてはいけない言葉です。

 

スピードはお金を引き寄せる

人生においてもビジネスにおいても、よく言われるのが「スピードはお金を引き寄せる」という言葉です。

「スピードが大事ってことは知ってるよ、そんなの当たり前だろ」

ひょっとしたら、あなたはそう思われたかもしれません。

でも、ちょっと考えてほしいのですが、、、

多くの場合、私たちは物事をもっと上手くやろうとして、そのためにもっと十分な準備をしようとしていませんか?

もちろん、それはそれで間違ってはいないのですが、それによって行動が遅れることで人生においてもビジネスにおいても大事なものを失ってしまう場合があります。

例えば、狙っていた彼女を他の人に先に口説かれてしまったり、欲しかった限定商品を買い逃してしまったり、夏までに痩せようと思っていたのに気がついたらもう8月だった、なんてことも。

ビジネスでは競合に遅れることで取りたい契約を逃したり、マーケットのシェアを失ったり、欲しい人材を逃すことになったり。これらはビジネスする上で大きなダメージですよね。場合によっては、あなたのビジネスにとって致命傷になることもあります。

だから、スピードが遅くなり、行動に遅れる、ということには十分気をつけなければいけません。

 

じゃあ、あなたは何を待っている?

でも、多くの人は何かが起こるのを待っています。

例えば、インターネットを活用してお客さんを集めたいと思っている人ならこんな感じです。

  • もっと、インターネットの知識がついてから始めよう、、、
  • もっと、ビジネスのアイデアを練ってからホームページを作ろう、、、
  • もっと、時間を取れるようになってから始めよう、、、

確かに、知識がなければ始めることもできないし、漠然としているよりも具体的なアイデアの方がいい。そもそも時間がなければできない、、、

これは多くの経営者や起業家が考えることです。

でも、これが「何かが起こってくれれば」という待ちの姿勢だとすると、、、

  • 本やネットで調べたり、セミナーに参加したり、誰かに相談するわけでもない。つまり、知識が自然と身につくのを待っている、、、
  • 頭の中で考えているだけで紙に書き出して形にしたり、誰かとアイデアを共有するわけでもない。つまり、アイデアがひとりでに熟成して素晴らしいものに仕上がるのを待っている、、、
  • 今は忙しくて時間がないけど、そのうち落ち着いたら時間が取れるようになるので、それから本格的に始めよう。つまり、いつか時間ができるからそれまで待っている、、、

こんな待ちの姿勢だとすると、それはビジネスの危険信号です。

 

Proactive(プロアクティブ)とReactive(リアクティブ)

本当は多くの人が気づいています。

実際、待っていても、何も起きないし、変わらないと、、、

でも、ビジネスで成功している人は待っていません。

ガンガン商品を売っている企業や、ガンガンお客さんを集めているお店、ガンガン依頼が舞い込んでくる事務所など、みんな自分から主体的に行動しています。自分から積極的に行動しています。

この状態を英語で Proactive(プロアクティブ)といいます。

成功している人は、たとえそれが上手くいかなくても、とりあえずやってみる。

サントリー創業者の鳥井信治郎は「やって見なはれ」が口癖でした。やってみよう。やってみなければわからないという精神でサントリーを世界企業にまで成長させました。

最初から上手くいく、すべてが上手くいく、絶対に上手くいく、なんてことはあり得ませんよね。

だから、とりあえずやってみる。

断られても、ダメでも、やってみる。

プロアクティブの反対は Reactive(リアクティブ)

テレビ番組とかでお笑い芸人の反応のことをリアクションと言いますよね。

リアクティブは物事が起きてから、それに対して反応することをいいます。つまり、誰かが物事を起こしてくれないと反応できない。

もうあなたもわかっているでしょうが、このプロアクティブリアクティブでは大きく違います。

例えば、あなたが音楽で食っていきたいと考えていたとします。

でも、プロになるのを夢見て、家で「ぼぉー」としているだけで、突然電話がかかってきて『デビューしてみないか?』ということになるのでしょうか?

英語を喋れる人は気がついたら英語を喋っていたのでしょうか?

自転車に乗っている人は自転車に乗って生まれてきたのでしょうか?

違いますよね、、、

そんなことあり得ませんし、これからも、そんなことは起こりません。

待っていてもお客さんが勝手に買ってくれて売上がどんどん上がるなんてことはないのです。(そんなの言うまでもないですよね、、、)

 

だから、超プロアクティブになる

儲かっている企業やお店は間違いなく積極的にお客さんを集めています。

お金をかけてテレビCMを流したり、新聞広告を出したり、折り込みチラシやダイレクトメールを送ったり、インターネットを使ったり、超プロアクティブに動いています。

だから、

  • 会社で待っていたら見込み客がどんどん訪問してきてどんどん契約が取れていった?
  • お店で待っていたらお客さんが勝手に集まってきてどんどん商品を買っていってくれた?
  • 事務所で待っていたら多くの仕事の依頼が自然と舞い込んできてくれた?

などということはありません。

そんな夢みたいなことは起こらないし、そんなことを期待していてはあっという間に会社もお店も事務所も畳むようになってしまいます。

 

世界で最も優秀な頭脳集団の賢い戦略

マイクロソフトの Windows を見てください。

爆発的に売れ、ビルゲイツを世界一の大富豪に押し上げた、あの優秀なソフトウェアが今までに何回バージョンアップしていると思いますか?

マイクロソフトは世界で最も優秀な頭脳を集めた集団だと言われています。

その集団がバグを頻繁に出して、何度もバージョンアップを繰り返しています。微調整も含めれば数えきれないほどですよ。

あのマイクロソフトでさえそうなのです。それなのに、自分だけは十分に準備をして完璧にやりたい、と言ってもそれは無理ではないでしょうか?

それに、100%完璧な状態に固めてしまうと後から変更や修正が効かなくなったり、膨大な費用がかかることもあります。それならば80%の状態でリリースして、お客さんの反応を見ながら習性や変更をして精度を上げていくのはどうでしょう。

競合よりも先に始めれば、競合よりも先にお客さんにアプローチできるし、競合よりも先にお客さんからのフィードバックをもらえます。

このマイクロソフトのやり方はとても賢い戦略と言われ、今では多くの企業が真似をして、現在のビジネス構築の主流になっています。

それがマイクロソフトのスピード。世界でも標準化しつつあるビジネスのスピードです。

 

完璧なんてあり得ない

「完璧」って誉め言葉のように聞こえるけれど、、、ビジネスのうえではものすごく危険です。

なぜなら完璧なんてものはあり得ないからです。

  • 完璧な商品なんてあり得ない
  • 完璧な計画なんてあり得ない
  • 完璧な人間なんてあり得ない

実際のビジネスの現場ではどんなに緻密な計画を立てても、実行に移る最初の段階から変更や修正を余儀なくされる場合が多いですよね?

これをインターネットを活用してお客さんを集めることに置き換えると、

  • 完璧なホームページなんてあり得ない
  • 完璧なコンテンツなんてあり得ない
  • 完璧な集客プランなんてあり得ない

完璧な状態でお客さんに見せようと時間ばかりかけて、いつまでたってもアウトプットがない、というような事例はたくさんあります。

でもアウトプットがなければお客さんは知り得ませんよね?

コンテンツとは、記事、写真、動画、宣伝広告などお客さんとの接点となるすべてのカタチを指します。もちろん、ホームページもコンテンツです。

コンテンツを3日で作る人はコンテンツを1ヶ月かけて作る人よりもはるかに売上を上げることができます。

なぜなら、3日で作れる人は1ヶ月に10回のコンテンツをリリースすることができるけど、1ヶ月で作る人は1回だけ。

1回の完璧なコンテンツで10人集めるよりも、まあまあのコンテンツを1回出して3人集めたほうが1ヶ月では30人のお客さんを集められます。それに何回も作ればコンテンツの精度だって上がってくるので質の高いコンテンツを量産できるようになります。

コンテンツを作るスピードを上げれば上げるほど売上につながる。でも、コンテンツの完成度を上げてもそんなに売上は上がらない。

 

さあ、あなたは、いつやる?

  • いつお客さんを集めたいのか?
  • いつ売上を上げたいのか?
  • いつ結果を出したいのか?

もしやってみて上手くいかないとしたら、あなたはいつの時点でそれを知りたいのか?

  • 1ヶ月後?
  • 3ヶ月後?
  • 半年後?
  • それとも今すぐ?

もちろん今すぐ、できるだけ早く知りたいですよね?

だって、その時点で修正、変更、場合によっては中止することができるのですから。

だとしたら、できるだけ早く失敗するほうがいい。

そのためにはいつ始めるのか?

それがあなたがやるべきビジネスのスピード。

 

まとめ

とても大事なことなのでもう一度言います。

スピードはお金を引き寄せる

スピードでビジネスを回せれば集客も売上もどんどん増えると思いませんか?

多くの人は何かが起きるのを待っています。

どんなに優れたアイデアを持っていても、頭の中に入れたままでは見ることができません。形で示さなければ相手に伝わらないし、実行に移さなければ状況は変わりません。あなたのビジネスは1ミリも前に進まないのです。

だからスピード。

さあ、あなたはいつから始めますか?

 

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

正直、インターネットを使えば、ほとんどコストをかけずに集客することが可能になります。これは紛れもない事実です。

しかし、多くの人は本業であれ副業であれ、インターネットを自分のビジネスに活用することができていません。

それは一体、なぜでしょうか?

それは、インターネットを使って集客をする”ちょっとしたコツ”を知らないからです。

インターネット集客には”ちょっとしたコツ”があります。多くの人たちは、この”ちょっとしたコツ”を知らないがために、中途半端なことを繰り返し、時間とお金と労力を浪費してしまっているのです。

このレポートでは、この”ちょっとしたコツ”を紹介するとともに、インターネットで集客することのプロのノウハウ(頭の中)を公開します。

このレポートに書かれている知識を知り、それをあなたのビジネスに応用することで、あなたは24時間365日、あなたの代わりに働き続けてくれる自動集客マシーンと呼べるものを手に入れることができるようになるでしょう。