テクニックからプラクティスへ

E1389322718106_3

SEOは一般的に技術(テクニック)の一種であると受け取られがちであり、実際に黎明期のSEOは技術的な側面が無視できない割合を占めていました。しかし現在のSEOとは、特定の技術や対策というよりは、最良を求めて変化し続ける実践や習慣(プラクティス)です。

  • 検索者の文脈や求めるものを的確に予測し、それをコンテンツに表現する(検索者とコンテンツのコミュニケーションを最適化する取り組み)
  • 検索者に求められる有益なコンテンツを継続的に制作する(検索者に届ける価値を最大化する取り組み)
  • コンテンツをより見つけやすいものにするために、ソーシャルメディアなどを利用し適切に宣伝する(コンテンツの到達範囲を最大化する取り組み)
  • セマンティクスを意識した適切なマークアップを実施し、コンテンツの構造を検索エンジンに正確に伝える(コンテンツの到達可能性を最大化する取り組み)

SEOとは上記を一例とした日々の取り組み(プラクティス)です。実施者に求められることは、検索エンジンやアルゴリズムに関するノウハウやスキルではなく、実在の人間である検索者や、彼らが求めるコンテンツに盛り込むべきテーマに関する実践的なノウハウやスキルです。

検索結果におけるランキングの向上や露出の向上についても同様に、それ自体が目的ではなく、プラクティスを積み上げた結果としてもたらされるものであると考えなければなりません。順位ありきのテクニック的・対策的なアプローチは、本質を見失い、ともすればスパムとなりがちだからです。

情報源: SEOとは、その意味と考え方 | SEO 検索エンジン最適化

【無料レポート】「インターネット集客の教科書」

正直、インターネットを使えば、ほとんどコストをかけずに集客することが可能になります。これは紛れもない事実です。

しかし、多くの人は本業であれ副業であれ、インターネットを自分のビジネスに活用することができていません。

それは一体、なぜでしょうか?

それは、インターネットを使って集客をする”ちょっとしたコツ”を知らないからです。

インターネット集客には”ちょっとしたコツ”があります。多くの人たちは、この”ちょっとしたコツ”を知らないがために、中途半端なことを繰り返し、時間とお金と労力を浪費してしまっているのです。

このレポートでは、この”ちょっとしたコツ”を紹介するとともに、インターネットで集客することのプロのノウハウ(頭の中)を公開します。

このレポートに書かれている知識を知り、それをあなたのビジネスに応用することで、あなたは24時間365日、あなたの代わりに働き続けてくれる自動集客マシーンと呼べるものを手に入れることができるようになるでしょう。